おいしいコーヒーのために

2014年7月26日 (土)

ネスレジャパンの業界団体脱退について

インスタントコーヒーでなくてソリュブルコーヒー。
今までのインスタントコーヒーとは全然違うということらしい。違うかな。

それでインスタントコーヒー協議会からも脱退するという表の流れはわかる。

[訂正]
早速訂正です。脱退を表明したのは全日本コーヒー公正取引協議会」(東京)です。

ただ世界のコーヒーロースター(焙煎業者)の巨人であるスイスに本社のあるネスレはコーヒーを愛する人たちからは評判が悪い。

コーヒー生産者からかなり安く買い、さら品種の劣る(安い)ロブスタ種をインスタントコーヒー大量に販売してきたのはそもそもネスレ。

十年前のコーヒークライシスの時にコーヒーを愛する人たちがスペシャリティコーヒーのブームを作らなかったらどうなっていたか。

レインフォレスト保護やサスティナビリティ、フェアトレードの運動がなければどうなっていたか。

他のビジネスでは悪名高いアメリカですが、もし国際コーヒー機構にアメリカが再加盟してなかったら、コーヒー価格の安定はなかっただろう。

ちょっと今回の騒動については背景も調べずに無責任に書いているので強い主張は出来ないが、今回の件は何か変化の良いきっかけを作れるかもしれない。

[追記]
ネスレジャパンのニュースリリース↓
ネスカフェ レギュラーソリュブルコーヒーの名称について

ネスレ日本は、1960年の「ネスカフェ」発売以降、マーケットリーダーとして、簡単に淹れられるおいしいコーヒーをお客様にお届けするべく、常にイノベーションに取り組み、新しい市場を創造し、日本の  コーヒー文化を醸成してまいりました。

2010年、淹れたての香りと味わいを実現する「挽き豆包み製法」を取り入れた今までにない画期的な製品として「ネスカフェ 香味焙煎」を発売し、2013年9月には、「ネスカフェ」(ソリュブルコーヒー)に新製法を取り入れ新発売しました。   

当該製品は、丁寧に微粉砕した焙煎コーヒー豆をネスレ独自のコーヒー抽出液と混ぜ合わせて乾燥し、ソリュブルコーヒーの粉の中に封じ込めるという画期的な技術を採用したものであり、レギュラー  コーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約の「インスタントコーヒー」の定義に該当しない新しいジャンルのコーヒーであることから、食品関連法規を順守した表示を行い、  「名称:レギュラーソリュブルコーヒー」と表記しています



ネスレ日本は、全日本コーヒー公正取引協議会を退会し、これまで通り、食品関連法規を順守した表示を行い、「名称:レギュラーソリュブルコーヒー」と表記いたします。また、あわせて、ネスレ日本が所属するコーヒー関連業界団体の一般社団法人全日本コーヒー協会日本インスタントコーヒー協会日本珈琲輸入協会も退会することといたしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

今年のコーヒーの話題はやはりコンビニコーヒーの人気でしょうね

Honya Club.com

コンビニでレギュラーコーヒーが飲めるのは確かに画期的で一斉にどこのコンビニでも始めた。どこのコーヒーがおいしいかは微妙でそんなに好みではないが、安いし、どこでも飲めるので、時々利用している。

この傾向は来年もますます強くなるだろう。

もう少しいいコーヒー豆を使ってほしい気はするが、そもそもコーヒーマシンの限界かもしれない。

個人的にはファミレスのドリンクバーのコーヒーの入れかた(マシン)も好きではない。

みなさんはどうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

唐津焼コーヒーカップ展

佐賀でのイベントですが、いってみたいですね。自分でじっくりおとしたコーヒーを飲むのに合いますよ。有田焼の派手なカップよりもたぶんコーヒーには合うと私は思います。

唐津焼コーヒーカップ展:窯元30軒の作品800点 /佐賀
毎日新聞 2012年03月06日 地方版

 唐津焼窯元30軒の作品を一堂に集めたコーヒーカップ展が、唐津市呉服町のアーケード街にある「からつ焼 炎群(ほむら)」画廊で開かれている。11日まで。

 マグカップやコーヒーポットなども含め約800点が並ぶ。絵唐津や朝鮮唐津など伝統的技法に加え、小石を埋め込んだ石はぜ(土平窯)技法もあり、ファンは作品を手にとって品定めしていた。

 同画廊が若手作家に発表の場を提供するとともにいろんな作家の作品を楽しんでもらおうと続けており、24回目。問い合わせは同店0955・73・5368。【原田哲郎】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

コーヒーグラインダーの掃除に食パンを使う

コーヒー豆のグラインダーの掃除が超簡単になる目からウロコのお手入れ方法 : ライフハッカー[日本版]


http://www.youtube.com/watch?v=SDDW7F-_Apc&feature=player_embedded


ライフハッカー日本版に役立ちそうなティップスが出ていました。まだやってみていません。 みなさんはどのようにしておられますか? 私も上記のyoutubeで使用されているのと同じタイプのブラウンの電動グラインダを使っています。 前は専用のブラシなどを使ったこともありますが、あまりきれいにならないのでキッチンペーパーで内部を拭くということをやっています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

COFFEE & MUSIC - 素敵な音楽とコーヒー



曲目リスト

  1. Coffee Time
  2. Tea For Two
  3. Café Com Pão
  4. Café Da Tarde
  5. Tom's Diner
  6. Bois Ton Café
  7. Java Jive
  8. Black Coffee
  9. Café Da Manhã
  10. The Coffee Song
  11. 4321 (new recording version)
  12. Blue Café
内容紹介
至福のコーヒー・ミュージック。 堀内隆志(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)企画による、全コーヒー・ファンに捧げるコンセプトアルバム。 アメリカ、イギリス、フランス、ブラジルで生まれたコーヒーにちなんだ名曲の数々をMPBの歌姫、ジアナ・ヴィスカルジとミッヒ・フジシュカがアコース ティックで聴かせる、世界初のコーヒー・ソング・アルバム。 スタンダード・ナンバー「珈琲タイム」「ブラック・コーヒー」「コーヒー・ソング」を始め、スザンヌ・ヴェガの「トムズ・ダイナー」、マンハッタン・トラ ンスファーの「ジャヴァ・ジャイヴ」、エラズモ&ホベルト・カルロスの名曲「モーニング・コーヒー」など、ジアナのしなやかで伸びのある歌声に繊 細で表情豊かなミッヒのギターが絡む究極のアコースティック・アルバム。

なかなか素敵なコーヒーのための音楽です。up

続きを読む "COFFEE & MUSIC - 素敵な音楽とコーヒー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

DVD『コーヒーの真実』が販売されていた


ドキュメンタリー映画『コーヒーの真実』がDVDになっています。
上映された時にいろんなところで紹介したドキュメンタリーです。

コーヒークライシスといわれたコーヒー価格の暴落による生産地の荒廃と危機を訴えたドキュメンタリー。生産地が荒廃するとおいしい品質のよいコーヒーを生産することができなくなり、品質が落ちます。

コーヒー好きの人なら確かに知っておくべき真実です。

アメリカが国際コーヒー機構(ICO)に復帰してからコーヒー価格は少し上昇しましたが、まだ生産地の困難は続いています。

実際には負の面だけでなく、

品質のよいスペシャリティコーヒーを生産することによって高値で売れるようになったり、

フェアトレードで生産者が直接消費者に販売することでネスレなどロースターと呼ばれる大手の企業の中間マージンがなくなり、生産者に入る現金が増えたり、

続きを読む "DVD『コーヒーの真実』が販売されていた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

雨上がりの冬のオリーブ

雨上がりの冬のオリーブ 雨上がりの冬のオリーブ 朝のオリーブの葉っぱです。凍ってないということは今日は多少あったか目のようです。 さわやかな朝です。 2枚目はヒメオドリコソウだと思います。雑草ですが、まるでハーブのようです。でも香りはありませんが…。 <追記>あれ、一枚目ですね。携帯から投稿すると2枚目にアップしたものが先に来るようです。

続きを読む "雨上がりの冬のオリーブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

コーヒーを飲みながら投稿環境を整える

私はブログを複数持っている。日記からはじめたブログの中でテーマがはっきりしたものから独立させていったらそうなった。 コーヒー関係は「コーヒーパラダイス」、アフィリエイト関係は「アフィリ初心者のブログ」、JAZZは「ほんとはジャズが好き!」 という具合。仕事関係でも二つを運営している。

そのためにfeedpathRabbitというRSSリーダーのオンラインサービス(WEBアプリ)を使っていた。 ところが4月でサービスが終わってしまった。RSSの個人向けサービスは採算がとれないというので撤退したのだ。 そこにあったブログエディタ機能がよくできていたのでかなり使っていた。 あて先を変えるだけでいくつものブログに同じフォーマットで投稿できたのだ。書く環境を整える(統一する)という意味でもとてもよかった。 それぞれのブログサービスの使い方を覚えなくても済んだのである。

よくブログを作るのにテーマを絞って作れと本には書いてあるが、私はとりあえず、日記から初めてみるということでいいと考えている。 この方が日本人には合っている。ドキュメントの考え方が欧米とは違うのである。 整然とした秩序よりも混沌とした中から秩序を作るというのが国民性のような気がしている。このあたりのことも「楽しい手帳術」と 「手帳大好き」というブログに独立させて考察している。

カテゴリではじめてブログに独立させるという方法なのだが、そうなるとマルチポストが必要になる。 同じ記事をテーマごとに複数のブログに投稿する機能だ。(アフィリエイトのためにいくつものブログを自動的に作り、 同じ記事を投稿するという意味でのマルチポストではないのだが、このあたりが微妙ではある。)

API(XML-RPC機能) による記事投稿は実はブログペットが流行した一昨年の冬に各ブログサービスが積極的に公開したことで加速した。ユーザーが 「ブログパーツとして貼りたい、できないなら他のブログサービスに移行する」要求を出したためにどこも急いで対応したようだ。

そういうわけで外部から記事を書ける他のサービスを探している。できればfeedpathRabbitのようにWEBアプリがいいが、 どうも見つからない。googleあたりから出そうな感じだが…。 WEBアプリがよいのは、パソコンにインストールしなくてもすむので、 外にいてもインターネットにつながったパソコンさえあれば記事を投稿できるからだ。

いまのところジャストシステムのxfyBlogEditorが候補なのだが、インストールしなければいけない。 それにブログサービスごと独立した仕様でマルチポストが面倒という意味で使えない。

昨日DTIブログというブログサービスを見ていたらubicastというのが目に入った。 ubicastはまだWEB2.0とかAPIとか騒がれるはるか前からAPIを使ったブログライター機能を開発してきたところで、 私もその昔、使っていた。でも対応するブログサービスが一向に増えないのでやめてしまったのだが、その後、あまり名前を聞かなかったので、 早すぎたのかなと思っていた。API(XML-RPC)の公開が進まなかったのだ。

いまでもやっていて、さらにメールによる投稿もできるようになっていた。 いまや携帯メールからの投稿はどこでもできるが、 PCメールから投稿ができるのである。

それで今この記事はubicast Bloggerで書いている。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

こんなことになっている アスクル・スタバ

スターバックス コーヒー | アスクルで購入

こんなサービスがあるらしい。
今度頼んでみるかな。でもオフィスでスタバじゃなくてもというのが、正直な感想。

  generated by feedpath Rabbit

アスクルは関係ないけどこんなサービスもある。
グリーティングカードを送る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

食楽 12月号「週末、我が家でバリスタになる」

「食楽」12月号で「コーヒー&エスプレッソ 週末、我が家でバリスタになる 豆選び、焙煎法、淹れ方、マシンの使い方まで完全網羅」という特集をやっている。

まあコーヒー通の人にはよく知ったお店の紹介が多いのだが、ただ一つ私の目を引いた記事があった。

「自家焙煎に挑戦する」という企画で珈琲サイフォン(株)の指導のページ。コーノ式ドリッパーの会社であるが、そこの社長の河野雅信さんが初心者、中級者、超初心者に合わせて焙煎法を紹介している。

ところがである、その方法がユニーク。初心者はなんと100円ショップで買った柄つきのザルを二つ使って卓上コンロで焙煎。長初心者はゆきひら鍋で。なのだが、中級者が驚く、いや感動した。

フルーツ缶詰の空き缶の底に穴をあけ、長い鉄の棒(多分ねじを切った棒)を通し、底を二つのナットで締めて固定。缶の内側にL字のアルミの板を4枚を缶の中に固定して羽根にする。それを斜めにしてまわしながら焙煎する。(説明が下手で申し訳ない、後でスキャンしてアップするので、それまで待ってください)

とにかく手回し式の手作り焙煎器なのだ。

これには感動した。

<追記>



  generated by feedpath Rabbit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧