« 甘くフワフワのエッグクリームをしっかり混ぜて飲む「エッグコーヒー」をCAFE GIANGで飲んできた | トップページ | 個人だけでなくグループの共同作業や交流も活性化させるコーヒーの効能(@DIME) »

2018年6月21日 (木)

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される



Gigazine(RSS)からコーヒー情報が届きました!!



コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊な合成遺伝子を組み込んだ糖尿病の動物に投与することで、カフェインを細胞のトリガーとして「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表されました。
続きを読む...



コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される



https://gigazine.net/news/20180621-caffeine-control-genes-and-diabetic/



|

« 甘くフワフワのエッグクリームをしっかり混ぜて飲む「エッグコーヒー」をCAFE GIANGで飲んできた | トップページ | 個人だけでなくグループの共同作業や交流も活性化させるコーヒーの効能(@DIME) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/73724988

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される:

« 甘くフワフワのエッグクリームをしっかり混ぜて飲む「エッグコーヒー」をCAFE GIANGで飲んできた | トップページ | 個人だけでなくグループの共同作業や交流も活性化させるコーヒーの効能(@DIME) »