« 「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた | トップページ | 500トンの荷物を持ち上げる巨大クレーンが組み立てられる一部始終ムービーが壮観 »

2017年11月 3日 (金)

患者が薬を自作できるようにする「バイオハッキング」を世界に発信する目的とは?



Gigazine(RSS)からコーヒー情報が届きました!!

個人や小規模の組織が伝統的な研究機関によらずに生物学や生命科学を学び、研究を行うバイオハッキングのムーブメントが近年大きくなっており、日本でもブームとなったバターコーヒーを提案したデイヴ・アスプリー氏もバイオハッカーを自認しています。そんなバイオハッキングの1つとして、患者が薬を自作できるように情報を発信するのがマイケル・ローファー氏。「製品」ではなく「情報」を発信している以上、アメリカ食品医薬品局(FDA)も取り締まれないというローファー氏の目的は何なのか、医学・健康関係ニュースサイトのSTATがその目的とビジョンに迫っています。
続きを読む...



患者が薬を自作できるようにする「バイオハッキング」を世界に発信する目的とは?

http://gigazine.net/news/20171103-diy-medication/


|

« 「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた | トップページ | 500トンの荷物を持ち上げる巨大クレーンが組み立てられる一部始終ムービーが壮観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/72125176

この記事へのトラックバック一覧です: 患者が薬を自作できるようにする「バイオハッキング」を世界に発信する目的とは?:

« 「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた | トップページ | 500トンの荷物を持ち上げる巨大クレーンが組み立てられる一部始終ムービーが壮観 »