« スターバックスのCEOが語る「Amazon効果」とアメリカ大統領選が小売業に与える影響とは | トップページ | コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました »

2016年11月 7日 (月)

缶コーヒーがどれほどレベルアップし専門店のコーヒーに近づいたのかが「ジョージア ヨーロピアン」との飲み比べでわかるCOFFEE HOUSE EUROPEANに行ってきたレポート



Gigazine(RSS)からコーヒー情報が届きました!!

「缶コーヒー離れ」してしまった人にこそ知ってほしい、バリスタが丁寧に淹れたコーヒーのような味わいを缶の中にギュッと閉じ込め、缶コーヒーでありながら専門店のコーヒーレベルの理想のおいしさを追い求めているのが「ジョージア ヨーロピアン」です。とは言うものの、実際のところ、どれぐらいのものなのかというのは最終的に自分で飲んでみるまでは判断しづらいのも事実。そこで、このジョージア ヨーロピアンと専門店のレギュラーコーヒーの違いを味わうために作られたのが「COFFEE HOUSE EUROPEAN」。10月30日まで期間限定で東京の虎ノ門ヒルズにオープンしていたので、行って飲み比べしてみました。
続きを読む...



缶コーヒーがどれほどレベルアップし専門店のコーヒーに近づいたのかが「ジョージア ヨーロピアン」との飲み比べでわかるCOFFEE HOUSE EUROPEANに行ってきたレポート

http://gigazine.net/news/20161107-georgia-european/


|

« スターバックスのCEOが語る「Amazon効果」とアメリカ大統領選が小売業に与える影響とは | トップページ | コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/68296454

この記事へのトラックバック一覧です: 缶コーヒーがどれほどレベルアップし専門店のコーヒーに近づいたのかが「ジョージア ヨーロピアン」との飲み比べでわかるCOFFEE HOUSE EUROPEANに行ってきたレポート:

« スターバックスのCEOが語る「Amazon効果」とアメリカ大統領選が小売業に与える影響とは | トップページ | コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました »