« コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました | トップページ | スターバックスがクラウドファンディングで製品化された「温度コントロールマグ」を公式ストアで販売開始 »

2016年11月21日 (月)

「焦がし焼き製法」で缶コーヒーの常識を限界突破した新しい「キリン ファイア」6種類を飲み比べてみた



Gigazine(RSS)からコーヒー情報が届きました!!

「香りが足りない」「甘すぎる」「味が薄い」という缶コーヒーの常識を変えるべく、「キリン ファイア」がその名の通り「火」にこだわり、コーヒー豆を深煎りよりもさらに深く、焼け落ちる寸前まで焙煎するという「焦がし焼き製法」を生み出しました。これによって缶コーヒーなのに力強い「香り」と「コク」を極限まで引き出すことに成功した、とのことなので、フルリニューアルされたキリンの「ファイア」6種類を飲んで実感してみることにしました。
続きを読む...



「焦がし焼き製法」で缶コーヒーの常識を限界突破した新しい「キリン ファイア」6種類を飲み比べてみた

http://gigazine.net/news/20161121-kirin-fire/


|

« コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました | トップページ | スターバックスがクラウドファンディングで製品化された「温度コントロールマグ」を公式ストアで販売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/68520903

この記事へのトラックバック一覧です: 「焦がし焼き製法」で缶コーヒーの常識を限界突破した新しい「キリン ファイア」6種類を飲み比べてみた:

« コーヒーカップまでポリポリ食べられる1日限定100個の「エコプレッソ」をアールジェイカフェで飲んできました | トップページ | スターバックスがクラウドファンディングで製品化された「温度コントロールマグ」を公式ストアで販売開始 »