« デジタルスケール内蔵&アプリ連動でさまざまなコーヒーの入れ方を細かくチェックしながら楽しめるコーヒーメーカー「GINA」 | トップページ | コーヒーより仮眠?脳に効いて生産性が向上する「20分仮眠」のススメ(@DIME) »

2016年11月29日 (火)

熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明



Gigazine(RSS)からコーヒー情報が届きました!!

オセアニアのフィジー諸島に生息するアリの一種が、特定の種類の植物を栽培していることが明らかになっています。栽培されているのはSquamellaria属に含まれるコーヒーの仲間の植物で、アリは植物の種子を木の上に運び、肥料を与えて育て、さらに実った果実の中に巣を作るという習性があり、両者は互いが存在しないと生存できないという強固な共生関係にあることがわかっています。
続きを読む...



熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明

http://gigazine.net/news/20161129-ant-cultivate-coffee/


|

« デジタルスケール内蔵&アプリ連動でさまざまなコーヒーの入れ方を細かくチェックしながら楽しめるコーヒーメーカー「GINA」 | トップページ | コーヒーより仮眠?脳に効いて生産性が向上する「20分仮眠」のススメ(@DIME) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/68638314

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯に住むアリの一種が300万年前からコーヒーの木を「栽培」して共生してきたことが判明:

« デジタルスケール内蔵&アプリ連動でさまざまなコーヒーの入れ方を細かくチェックしながら楽しめるコーヒーメーカー「GINA」 | トップページ | コーヒーより仮眠?脳に効いて生産性が向上する「20分仮眠」のススメ(@DIME) »