« コンビニコーヒー人気の理由は「お手頃感」と「特別感」(@DIME) | トップページ | 焼きたてシナモンロールの上にベリーのソースがたっぷりかかったシナボン「ミックスベリー ミニボン」などを食べてきました »

2014年6月26日 (木)

使用後廃棄されるコーヒー豆からクルマの燃料が作れる

使用済みのコーヒー豆がクルマの燃料になる!  - Autoblog 日本版

コーヒー豆が燃料になることは数年前から分かっていたそうだが、バース大ではその後、様々な実験を行い、実用化への道を模索してきたという。

例えば、カフェイン入りの豆とディカフェ(カフェイン抜き)の豆を含む20種類もの異なる豆から出来上がった燃料に違いがあるのかを確認するため、それぞれの燃料を対比。

その結果、豆の種類を問わず、挽きたての豆には全体の重さの11~15パーセント、使用後の豆には7~13パーセントの油分が含まれていることが分かったそうだ。   

燃料は、使用済みのコーヒー豆に有機触媒を加え、エステル交換という化学反応を起こすことで作れるという。   

大学の研究チームによると、製造方法がシンプルなため将来的には地元のコーヒーショップなどで作ることが可能であり、さらに、1日10kgの使用済み豆から2リットルの燃料を製造できるのではないかと予想している。

たった2リットルかと思うかもしれないが、もともとゴミとして捨てられていたものから生まれるというのだから、もしコーヒー燃料が実現すれば革命的だと言えるだろう。

これは有望かも。少し調べてみます。

【英文のプレスリリース】
Forget 'Cars and Coffee,' the future is cars ON coffee - Autoblog

|

« コンビニコーヒー人気の理由は「お手頃感」と「特別感」(@DIME) | トップページ | 焼きたてシナモンロールの上にベリーのソースがたっぷりかかったシナボン「ミックスベリー ミニボン」などを食べてきました »

コーヒーのちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/56615885

この記事へのトラックバック一覧です: 使用後廃棄されるコーヒー豆からクルマの燃料が作れる:

« コンビニコーヒー人気の理由は「お手頃感」と「特別感」(@DIME) | トップページ | 焼きたてシナモンロールの上にベリーのソースがたっぷりかかったシナボン「ミックスベリー ミニボン」などを食べてきました »