« 【コーヒーグッズ】ドリップペーパー メリタ「GOURMET」 | トップページ | 月額定額制でカフェや喫茶店のコーヒーが飲み放題になるアプリが登場 »

2014年4月10日 (木)

コンタクトのメニコンが発酵技術をスタバに提供、豆粕から飼料生産

時事ドットコム:発酵促進技術をスターバックスに提供=メニコン〔BW〕

コンタクトレンズ・メーカーのメニコン(愛知県名古屋市)は、発酵促進技術をスターバックスに提供すると発表した。同社は、環境エコ事業として稲わら分解促進材や畜ふんの堆肥化促進材などの開発に取り組んできた。

今回、スターバックスの店舗で発生する食品廃棄物の大半を占めるコーヒー豆粕を各店から衛生的に回収し、乳酸発酵させることで長期保存が可能な飼料を製造する。

この飼料を用いて育てられた牛のミルクの一部はスターバックスの店舗で使用される。

近年注目されているコーヒーの生理活性物質は抽出残渣(豆粕)にも多く存在し、乳牛に給餌した場合に乳の品質向上につながるという研究も発表されている。

コンタクトレンズのメニコンが発酵技術を持っていたのですね。
びっくり!
日本の技術が生かされるのはいいですね。世界中で使われるといいのですが...。

|

« 【コーヒーグッズ】ドリップペーパー メリタ「GOURMET」 | トップページ | 月額定額制でカフェや喫茶店のコーヒーが飲み放題になるアプリが登場 »

コーヒーのちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/55723124

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトのメニコンが発酵技術をスタバに提供、豆粕から飼料生産:

« 【コーヒーグッズ】ドリップペーパー メリタ「GOURMET」 | トップページ | 月額定額制でカフェや喫茶店のコーヒーが飲み放題になるアプリが登場 »