« 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 | トップページ | カフェっぽさが増したスターバックスの「インスパイアード バイ スターバックス 代沢5丁目店」に行ってきました »

2013年11月19日 (火)

三重大学がタイの山岳地帯でけし畑をコーヒー畑に変えるプロジェクト

これはちょっと感動しました。

うまくいって欲しいです。

生協で販売しているようです。応援したい。

日タイ大学コラボ 味わいコーヒー…三重大 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

三重大学(津市)はタイの国立チェンマイ大学と共同で、新たな三重大ブランドの商品「チェンミ・コーヒー」(レギュラーコーヒー100グラム入り680円)を開発した。     同大生活協同組合やシーシーエスコーヒー(本社・名古屋市)系列の「ボルサ」桑名店で販売している。     

タイ北部の山岳地帯は、麻薬の原料となるケシの産地で、タイ政府は麻薬撲滅のため、ケシ畑をコーヒー農園に変える転作を進めている。チェンマイ大では、地元の民族にコーヒー栽培を指導してきた。



|

« 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 | トップページ | カフェっぽさが増したスターバックスの「インスパイアード バイ スターバックス 代沢5丁目店」に行ってきました »

コーヒーつながり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/53986394

この記事へのトラックバック一覧です: 三重大学がタイの山岳地帯でけし畑をコーヒー畑に変えるプロジェクト:

« 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 | トップページ | カフェっぽさが増したスターバックスの「インスパイアード バイ スターバックス 代沢5丁目店」に行ってきました »