« コーヒーフィルターアート!? | トップページ | 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 »

2013年11月18日 (月)

「サードウェーブコーヒー」ってなんですか?

スペシャリティーコーヒーの次に来ているのが同じくアメリカ西海岸からの「サードウェーブコーヒー」だ。

豆だけでなく淹れ方にこだわる。

大手飲食も参入! 「サードウェーブコーヒー」って何だ? - 同じ豆でも淹れ方による味の変化を提案 日経トレンディネット

豆の産地を重視するのと同時に、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求しているのも、サードウェーブの特徴だ。

ユーシーシーフードサービスシステムズが運営する「東京ロビー」では、コーヒー豆の産地を選べるだけでなく、ハンドドリップ、コーヒープレス、水出しコーヒー(アイスのみ)の3つの抽出スタイルが選べる。     

ハンドドリップはペーパーフィルターで雑味が取り除かれるのですっきりした滑らかな舌触りで、バランスの良い味わいに。コーヒープレスは目の粗めのメッシュフィルターでこすため、コーヒー豆のうまみや香りだけでなく豆の油分(コーヒーオイル)も抽出でき、コーヒーそのものの甘み、濃厚な口当たりと香ばしさが味わえる。水出しはコーヒー豆に熱の刺激を与えずじっくりと抽出するので、クセの少ないクリアな味わいが楽しめる。     実際にハンドドリップ、コーヒープレスを飲み比べてみたが、同じ豆とは思えないほど風味が異なるのに驚いた。

コーヒープレスは見た目にも濃く濁りがあり苦そうだが、飲んでみると苦味はそれほど感じられず、香りの高さや甘味を強く感じる。コーヒーは好きだけどスターバックスのコーヒーは苦みが強くてストレートでは飲めない家人が、「このコーヒーは濃いけどそのままおいしく飲める」と驚いていた。同じ豆でもハンドドリップは、くせがなく飲みやすい。コーヒープレスの後ではやや物足りなく感じるが、これは好みの問題だろう。

寒い冬に至高の一杯でほっこりと。休日に味わいたい話題の『サードウェーブコーヒー』 - NAVER まとめ

最先端のコーヒーカルチャー超入門!:日経ウーマンオンライン【食のトレンド発掘隊】

サードウエーブコーヒー て知ってますか? : COFFEE COLORS ロースター&バリスタ


サードウェーブ・コーヒー読本
茶太郎 豆央
エイ出版社
売り上げランキング: 1,521


楽天市場

|

« コーヒーフィルターアート!? | トップページ | 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 »

コーヒーのちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/53958177

この記事へのトラックバック一覧です: 「サードウェーブコーヒー」ってなんですか?:

« コーヒーフィルターアート!? | トップページ | 生のコーヒー豆から新鮮なコーヒーをたった15分でドリップできるコーヒーマシーンが登場 »