« コーヒーと健康 NAVERまとめ | トップページ | 前回続き:朝のコーヒーを飲むべき時間は9時半 »

2013年11月10日 (日)

朝のコーヒー、朝9時半から11時半が効果的ーカフェインの効果

コーヒーの「飲み時」を科学する:目覚めの一杯には効果なし? : ライフハッカー[日本版]

ミラー氏によると、コーヒーの「飲み時」は、コルチゾールが減少する午前9時半から11時半がベストなのだとか。正午から午後1時、午後5時半から6時半にもコルチゾールが上昇するため、コーヒーを避けた方がいいそうです。      1日に2杯以上飲む人は、1時間に1杯を超えないように注意しましょう。これで、カフェインへの投資効果を最大限に発揮することができるはずです!

コルチゾーノとは ↓↓

コルチゾール - Wikipedia

コルチゾール (cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン (hydrocortisone) とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。    また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている[1]。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。

重要なホルモンのようですね。

             

|

« コーヒーと健康 NAVERまとめ | トップページ | 前回続き:朝のコーヒーを飲むべき時間は9時半 »

コーヒーの健康学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/53891455

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のコーヒー、朝9時半から11時半が効果的ーカフェインの効果:

« コーヒーと健康 NAVERまとめ | トップページ | 前回続き:朝のコーヒーを飲むべき時間は9時半 »