« 朝のコーヒー、朝9時半から11時半が効果的ーカフェインの効果 | トップページ | コーヒーパラダイス 情報源 »

2013年11月17日 (日)

前回続き:朝のコーヒーを飲むべき時間は9時半

コーヒーは薬理学的にみるとコルチゾールが多く出ている時間帯である朝の一杯は避けるべきということでした。

せっかくのカフェインの効果を薄れさせるということのようです。

むしろコルチゾールが減少する9時半から11時がいいようです。

コーヒーの「飲み時」を科学する:目覚めの一杯には効果なし? : ライフハッカー[日本版]

毎日の起床時間(の平均)によって変わってきます。この研究では、33人を対象にコルチゾールの平均値を調べたところ、午前9時にピークとなり、その直後から急減することがわかりました。論文の著者らによると、コルチゾールの血中濃度は、目覚める1時間前から急上昇を始めるそう。被験者のコルチゾールが午前9時にピークを迎えることを考慮すると、彼らの起床時間は8時前後と考えるのが妥当でしょう。

他の記事でもう少し調べてみると

あなたもたぶん間違えてる…科学的にコーヒーが一番効く時間帯 (ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

ここで重要なのが薬物耐性です。特にカフェインはみんな摂取過多な薬物なので重要性が高い。耐性の観点から言うと、血中コルチゾール濃度がピークに達する時間帯にカフェイン摂る人は、まだ飲まない方がマシなんですね。なぜってコルチゾールの分泌量は集中度とものすごい強い繋がりがあるから。コルチゾールがピークに達する時間は平均して24時間の体内時計でちょうど8時~9時(Debono et al.、2009)。したがって朝のこの時間帯にコーヒー飲む人は、放っといても体内時計で集中力がMAXに高まってく時間帯にガブガブガブガブめざましのコーヒーを胃に流し込んでるというわけです。   

薬理学の大原則のひとつ、それは「薬は必要なときに飲め」です(こう書くと必ず「自分は常時必要」と滔々と訴える科学者がいるだろうけど!)。必要なときだけ飲むようにしないと、一定量ずつ服用する薬には身体に耐性ができてしまうんです。換言するとどういうことか? 毎朝毎朝おんなじ分量モーニングコーヒー飲んでると、だんだん効き目がなくなっていくんですよ。


午前にコーヒー飲みたい人は、    9時30~11時30分    がおすすめです。コルチゾールのレベルはここでいったん底を打って、次のピークに向かうんです。要はピークの谷間が狙い目というわけ。


珈琲一杯の薬理学
珈琲一杯の薬理学
posted with amazlet at 13.11.16
岡希太郎
医薬経済社
売り上げランキング: 354,283



楽天市場

|

« 朝のコーヒー、朝9時半から11時半が効果的ーカフェインの効果 | トップページ | コーヒーパラダイス 情報源 »

コーヒーの健康学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/53957941

この記事へのトラックバック一覧です: 前回続き:朝のコーヒーを飲むべき時間は9時半:

« 朝のコーヒー、朝9時半から11時半が効果的ーカフェインの効果 | トップページ | コーヒーパラダイス 情報源 »