« コーヒーは98%が水だが、残り2%が重要という話 | トップページ | 東京カフェデイズ・ブログのRSSが素晴らしすぎた件 »

2013年7月20日 (土)

セブンイレブン「セブンカフェ」が1億杯を突破

一億杯とは国民がほぼ1杯飲んだということですね。

「セブンカフェ」が1億杯突破、1日1店舗あたりの販売数は約83杯。 | Narinari.com

セブン-イレブン・ジャパンは7月18日、今年1月より順次導入しているセルフ式ドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」の販売数が1億杯を突破したと発表した。    「SEVEN CAFE」は、店内に設置したオリジナル専用機器により、ドリップコーヒーを提供するサービス。現在、全国約12,500店で販売中だ。1日1店舗あたりの販売数は約83杯で、年間販売目標は4億5,000万杯を見込んでいる。    また、セブン-イレブンで販売する食品の中で最も高いリピート購入率55%以上を記録。さらに購入者の約半数を女性が占めていることも特徴だ。これは缶コーヒー購入者の女性比率が約3割にとどまっていることと比べても、高い割合であることがわかる。



7scafe

|

« コーヒーは98%が水だが、残り2%が重要という話 | トップページ | 東京カフェデイズ・ブログのRSSが素晴らしすぎた件 »

コーヒーの政治経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/52531280

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブン「セブンカフェ」が1億杯を突破:

« コーヒーは98%が水だが、残り2%が重要という話 | トップページ | 東京カフェデイズ・ブログのRSSが素晴らしすぎた件 »