« コーヒー噴いた―2ちゃんねるの笑える話 (2ちゃんねる新書) | トップページ | 空気公団 「コーヒー屋のおねえさん」 »

2013年2月 9日 (土)

コーヒーと一緒にとらない方がいい食品

鉄分を含む食品と一緒に飲むと鉄分などのミネラル類の摂取がコーヒーのタンニンによって腸からの吸収が阻害されるよという話。

体に悪いからNG!コーヒーと一緒に摂っちゃいけないもの5つ | ニコニコニュース

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、鉄分の吸収をうながしますが、タンニンは正反対!

コーヒーにはポリフェノールの一種であるタンニンが入っており、鉄分を多く含む食材と一緒に摂取すると、鉄の吸収を強く阻害します。そのため、鉄と結びついたタンニンはタンニン鉄となり、水に溶けにくくなるので、腸での吸収が妨げられます。    ですので、鉄分を多く含むプルーン、ひじき、レバー、ほうれん草と一緒にコーヒーを飲むのは、あまりオススメではありません」(井出さん)   

せっかくの栄養が吸収されないのはもったいないですよね。    また、「コーヒーに含まれるカフェインは鉄だけでなく他のミネラルの吸収を阻害する働きもあるので、食後にコーヒーを飲むときは少し時間をあけて飲むといいでしょう」とのこと。    不足しがちな鉄分やミネラルが、意外にもコーヒーで摂取が阻害されているということが分かりました。

コーヒーはブラックで飲むと体にいい作用もあるそうですが、これらとは一緒に摂らないようにしましょう



|

« コーヒー噴いた―2ちゃんねるの笑える話 (2ちゃんねる新書) | トップページ | 空気公団 「コーヒー屋のおねえさん」 »

コーヒーの健康学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/49283732

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーと一緒にとらない方がいい食品:

« コーヒー噴いた―2ちゃんねるの笑える話 (2ちゃんねる新書) | トップページ | 空気公団 「コーヒー屋のおねえさん」 »