« 高田渡の「コーヒーブルース」は京都のイノダでした | トップページ | ぎふ珈琲 岐阜市の町おこしの活動 »

2013年2月12日 (火)

上松俊弘写真展 「アビシニアの肖像」 - コーヒーのふるさと

上松俊弘写真展 「アビシニアの肖像」 

期間:2013年2月14日(木)~2月20日(水)
フォトギャラリー[シリウス] http://www.photo-sirius.net/

エチオピアは、シバの女王の血をひくといわれた皇帝がかつては治めていたアフリカ唯一の独立国。そして、エチオピア正教のもと民族の宝庫ともいえる80余りの民族が共に暮らす国。
大峡谷を思わせる過酷な大地で育ったテフを挽いてつくった酸っぱいクレープのようなインジェラを食べ、日本の茶道に似た独自の手順(コーヒーセレモニー)を経てコーヒーを愛飲する人々。
独自の文化とアフリカ人ともアラブ人ともいえないその容貌から欧州の人々は彼等をアビシニアと呼んだ。
私はそんな人々の素顔を延べ5ヶ月間滞在して撮影した。
この写真展で今まで繰り返し報道されてきたステレオタイプのイメージ(飢餓、内戦、貧困)とは異なったエチオピアの人々を感じ取ってくれれば幸いである。
(カラー20点、モノクロ20点)

会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(地下鉄丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

詳しくは
■シリウスブログ PC: http://blog.photo-sirius.net/blog/
 モバイル: http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast?blog_id=1330764&user_id=1347549

|

« 高田渡の「コーヒーブルース」は京都のイノダでした | トップページ | ぎふ珈琲 岐阜市の町おこしの活動 »

コーヒーとアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/49355891

この記事へのトラックバック一覧です: 上松俊弘写真展 「アビシニアの肖像」 - コーヒーのふるさと:

« 高田渡の「コーヒーブルース」は京都のイノダでした | トップページ | ぎふ珈琲 岐阜市の町おこしの活動 »