« 奥田民生 『コーヒー』 | トップページ | 花王がコーヒーポリフェノールが血管内皮を強化する作用を実証 »

2012年12月 6日 (木)

スタバが新戦略

スターバックスは一度拡大を急ぎすぎてサービスが低下し、ブランドの危機を味わっています。その時もシュルツが大改革を行い、見事に立ち直りました。

しかし、今回の店舗数拡大によって売り上げを伸ばすという戦略はかなり危険にみえます。

エキスペリエンスを提供するというブランド戦略が再び危機を迎える可能性が高いように思うのですが、いかがでしょう。

スターバックス、米州で3000店開設を計画-17年までに

  12月5日(ブルームバーグ):世界最大のコーヒー店チェーン、米スターバックス は、2017年までに米州地域で3000店舗を開設する計画だ。店舗数が伸び悩む米国の展開を加速させる。

5日の発表によると、新店舗の少なくとも半数を米国が占める。スターバックスの現在の世界全体の店舗数は1万8000店余り。米国は約1万1100店と2009年からほとんど変わっていない。

ハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は、店舗を増やし、そこでジュースや栄養ドリンクなどさまざまな新商品を販売することで、売り上げを伸ばそうとしており、中所得層が増える中国やインドなど海外市場でも事業を拡大し、売り上げ増を目指している。


1354805821973.jpg
六義園

|

« 奥田民生 『コーヒー』 | トップページ | 花王がコーヒーポリフェノールが血管内皮を強化する作用を実証 »

コーヒーチェーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/48111677

この記事へのトラックバック一覧です: スタバが新戦略:

« 奥田民生 『コーヒー』 | トップページ | 花王がコーヒーポリフェノールが血管内皮を強化する作用を実証 »