« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

バリ島のコーヒー生産


バリのコーヒーについて。 よく説明できています。

ルアックコーヒーも出てきます。

観光になっているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CafeDirect - フェアトレードをおしゃれに展開


イギリスのガーディアン紙が主催する持続可能なビジネスコンテストの2011年の「ソーシャル インパクト」部門で優勝したのがカフェダイレクトです。

この動画を見ただけでもおしゃれですが、とにかくいろいろな活動が垢抜けています。


公式サイト » Cafédirect

いろいろなコンテンツがあるので、コーヒー好きで地球環境にも世界経済にも関心のある方ぜひ探ってください。

コーヒーからみえる世界があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

スパイスの効いた音楽とコーヒー - Adele

Music video by Adele performing Rolling In The Deep. (C) 2010 XL Recordings Ltd.

たまにはこういう音楽も聞きます。

JAZZでなくてもいい音楽はいい。

続きを読む "スパイスの効いた音楽とコーヒー - Adele "

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

フィリピンテイストが満載のコーヒーサイト

THE PHILIPPINES AND BEYOND: A SLICE of life from Pia Cayetano まさに砂糖いっぱいにスイーツやディスプレイの文字の感じ。フィリピンです。 一度だけですが、しばらくおりましたので懐かしさがこみ上げます。 行った気になるサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

動画の導入の処理がうまいコーヒー専門誌紹介ビデオ<オーストラリア>


うまいですよね。元ネタがあるのかなあ。いつの間にか雑誌の中身に導入されています。

オーストラリアのコーヒー専門誌「BeanScene Magazine」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

スザンヌ・ベガ「トムズ・ダイナー」 コーヒーの風景


映画に出てくるダイナーの雰囲気出てますね。

私もアメリカに行った時はダイナーによく行きます。

日本で言えばファミレスです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

コーヒーと復興支援を考える

まもなく東日本大震災から一年が過ぎようとしています。

あまりに強烈で忘れることはできませんが、それでもボランティア、復興支援は確実に減っているといいます。

私は大学の広報が仕事ですが、先週3泊4日で被災地(宮城、岩手)を訪問して、これから関東の大学としてできることを調査してきました。いろいろな人に会い、直接話を聞きましたし、被災地を見てきました。見てきた中では岩手県の沿岸部の陸前高田市、釜石市大槌町、山田町など特に被害がひどく、瓦礫こそ撤去されていましたが、まだ何もない状態でした。そこに雪が積もっている光景は少しショックでした。

現地の支援者たちからは継続的な支援と心の支援が必要であると訴えられました。

特に心の支援に関しては子どもたちの心のケアができていないという状況でした。

今回の訪問の報告を受けていま私たちの大学にできることを考えて、プレスリリースを行いました。

ニュースリリース ポータルサイト News2u.net 聖学院大学、被災地の「こどもの心のケア」支援をスタート。支援者向け冊子の配布、学生の絵本読み聞かせを展開

------------------------------------------
実は私の心にも少しずつ変化が起こっています。

ひとつはfacebookを半年前に始めてネットに対する姿勢が変わったこともありますが、やはり 3・11で受けた衝撃が少しずつ変化をもたらしているのだと思います。

私が仕事としているのは大学広報です。それを今ソーシャルメディアで展開中です。

このことをこうやって個人のブログに書くというのが変化なのです。

私という実体がやっていることをネットでも明らかにしていくこと、これがセルフブランディングなのではないか、そしてそれはこれからの社会で必要なことではないかと思い始めているのです。

そこから共有、分かち合い、貢献が生まれるのではないかと考えています。

教育や子供のこと、広報に関心がある方はいいね!をお願いします。

[facebook]聖学院大学facebookページ
https://www.facebook.com/seigakuin.univ

[facebook]聖学院大学こども心理学科facebookページ新設!! https://www.facebook.com/psychology.Children

[mixi]聖学院大学こども心理学科mixiページ新設!!
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=217863

よかったらいいね!をお願いします。かなりリアルで濃い広報、教育、大学情報を伝えられると思います。

----------
そして次に展開していこうとおもっているのが「わたし=個」としての支援。おいしいコーヒー豆(粉の方がいいかもしれません)を少しずつ送ることです。

人が集まるところにおいしいコーヒーは必要です。きっとおいしいコーヒーが飲みたいはずです。倉本聰さんの森の時計のような素敵なコーヒーを囲んだ人とのつながり。

そううことを考えています。

2月にもう一度被災地に行きますので、この構想を持って話してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくできたコーヒーWEBサイト<海外篇>

15 Inspiring Examples of Coffee Websites | The Wondrous Design Magazine

よくできたコーヒーサイト<海外>の紹介です。

研究してみます。

私もコーヒーWEBサイトをいくつか作ったことがあります。まったく趣味ですが…。

クリックで始まるコーヒーワンダーランド

ブックカフェ・リスト

コーヒーがいっぱい<映画の中のコーヒー>

日刊コーヒーパラダイス 紙

よく行くコーヒーショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらやましいほど未来的コーヒーマシン


The Scanomat Top Brewer というコーヒーマシンです。

あこがれますね。

iPhoneで操作できるようです。

公式サイト:www.scanomat.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

宇都宮にコメダコーヒーでモーニングを考える

東海地方発「モーニング」文化 宇都宮でも好評毎日新聞 2012年1月14日

 名古屋市の喫茶店チェーン大手「コメダ」が昨年十一月、北関東で初めて宇都宮市下戸祭に出店した。客の関心は、午前中にコーヒーを頼むと、トーストとゆで卵が無料で付く「モーニング」。愛知、三重、岐阜の東海三県などでは、どの喫茶店にもあるサービスで、東海地方を代表する文化の一つだ。客は驚きながらも、好意的に受け止めている。 (石井紀代美)

 「モーニングをお付けしてもよろしいですか」。午前十一時までにコーヒーを頼むと、店員からこう問い掛けられる。「はい」と答えれば、間もなく熱いコーヒーとともに、焼きたてのトーストとゆで卵が運ばれる。
 店のオーナー大渕能憲(よしのり)さん(46)は「初めての方は大抵『えっ、無料で付いてくるの』と非常に驚きます」と笑顔を見せる。

 モーニングの由来は諸説あるが、有力なのは愛知県一宮市発祥説。同市商工会議所によると、ルーツは昭和三十年代前半にさかのぼる。当時は繊維業の景気がよく、機織り工場が多かったこの地では昼夜を問わず工場が稼働。機械の騒音を避け、商談は工場近くの喫茶店で行われていた。日に何度も訪れる社長らに、ある店のオーナーがピーナツを出したのが始まりとされる。

--------------------

実は私が住む埼玉県上尾市にもコメダコーヒーがあります。まだ行けていませんが、北関東の文化には合うと思っています。とにかく、朝のモーニングが楽しみで、ウォーキングして、そこで、新聞も読むという一日の始まりを楽しみにしている会社リタイア組の方を郊外の喫茶店でよく見かけます。

アメリカのダイナーのような感じかな。コーヒーのある風景、これも一種のコーヒーパラダイスだと私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

コーヒー価格の上昇とコーヒー事情

年の始めにコーヒーをめぐる状況、特に相場は見ておいた方がいいと思い、Google検索。

円高にも関わらず、コーヒー豆高いなあと思っていましたが、かなりの上昇のようですね。

【現場発 ニュースを見に行く】スタバが値上げへ 止まらぬコーヒー価格高騰の舞台裏は…
2011.2.12 18:00

 コーヒー豆の国際相場が急騰している。ブラジルなど新興国での需要の高まりや投機マネーの流入が原因とみられ、キーコーヒーなど国内大手メーカー4社も相次いで値上げを発表。スターバックスコーヒーも一部商品の値上げに踏み切るなど、消費者にも影響が出始めている。(長谷川陽子)

「足遠のく」
 東京・銀座のスターバックスコーヒー。夕方の店内は、空席を待つサラリーマンや買い物客が、コーヒーを片手に列をなすほどの賑わいをみせている。
 スターバックスコーヒージャパンは15日から全国の店舗で、一部商品を値上げする。Sサイズの「スターバックスラテ」は320円から340円に、「ドリップコーヒー」のSサイズは290円から300円に値上げする。一方で大きいサイズは10~20円値下げするなど、全面的な値上げにならないよう配慮している。

一貫して値上がり
 全日本コーヒー協会(東京都中央区)によると、コーヒーの国際相場が値上がりし始めたのは、昨年6月ごろからで、以来一貫して値上がりが続いている。ニューヨークコーヒー相場は、平成21年の平均価格が1ポンド当たり128セントだったが、昨年11月に200セントの大台を突破。その後230セント台に到達するなど高い水準で推移している。
 原因のひとつに、最大の生産国ブラジルやインド、中国など新興国で需要が広がったことがある。
 ブラジルでは、庶民にとってコーヒーは高級品だったが、近年のめざましい経済発展で国内の富裕層が拡大。国内消費量は、年率5%近い勢いで増えている。
 生産国で需要が増えたことで、輸出量は減少。他にも投機マネーの市場への流入や、主要な生産国コロンビアで天候が悪いことなども、価格を押し上げる要因になっているという。
 同協会の西野豊秀専務理事は「今年のようにブラジルで豊作のときは、価格は下がるのが普通だった。豊作なのに価格が高騰しているというのは、これまでになかった現象だ」と指摘。「コーヒーの需要が増えても、供給量はそう増えるものではない。値段はしばらく下がらないのではないか」と懸念する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

コーヒーパラダイスから新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
コーヒーパラダイスを2012年もよろしくお願いします。
コーヒーが好きな方のためのブログを目指しています。

先行きが不透明な時代に
せめて
コーヒーのように
魅力的で透明感のあるブログになるように
がんばります。

リラックスタイムにコーヒー
仕事や勉強を頑張りたい時にコーヒー
そしてじっくりと考えたい時にコーヒー

友と恋人と語り合いたい時にコーヒー
会議で一息つきたい時にコーヒー

いろんな場面でコーヒーはわき役として活躍します。

続きを読む "コーヒーパラダイスから新年のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »