« 米スタバがロゴマーク変更、その意図と反響 | トップページ | サッポロ珈琲館北円山店が再開 »

2011年1月 9日 (日)

富山のセントベリーコーヒーのこだわり

世界中で探し続ける最高の味…富山 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「世界一おいしいコーヒーを飲んでみたい」。小型の焙煎機を購入し、出勤前の早朝に豆を繰り返し焙煎しては、理想のコーヒーに近付く火力や温度管理を徹底的に検証した。味の細かな違いを感じるため、コーヒーを舌全体に行き渡らせて味や香りを確かめる「カッピング」も独学で習得した。     

念願だった初のコーヒー店「セントベリーコーヒー」を富山市清水元町にオープンしたのは30歳の時。だが、自ら海外の生産地で調達した上質なコーヒー豆に限定したスタイルは当時あまり知られていなかったため、理解されず、渡航費もかさみ、収支を合わせて店を維持するのが精いっぱい。「米の甘さの微妙な違いに気がつく富山の人々が、コーヒーの味の違いに気がつかないはずはない」。婦人会や町内会でコーヒー教室を開くようになり、じわじわと評判が広がった。

セントベリーコーヒー

お店のサイト 富山に行った際にはたずねてみたいですね。

2011年1月30日まで富山近代美術館のラウンジでセントベリーのコーヒーが楽しめるようです。

|

« 米スタバがロゴマーク変更、その意図と反響 | トップページ | サッポロ珈琲館北円山店が再開 »

コーヒー豆へのこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/38404404

この記事へのトラックバック一覧です: 富山のセントベリーコーヒーのこだわり:

« 米スタバがロゴマーク変更、その意図と反響 | トップページ | サッポロ珈琲館北円山店が再開 »