« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

インスタントコーヒーが大幅値上げ

かつてコーヒー豆の価格が長期に低迷していた時にネスレなどロースターと呼ばれる業者が巨大な利益をあげていたことは有名です。過剰生産とともにコーヒークライシスの構造的な原因といわれていました。

コーヒー豆価格が上昇するとすぐに消費者に転嫁するやり方はソーシャルメディアの時代に通用するでしょうか。

何かが起こりそう。

-----
18:20 47news (47NEWS)
ネスレが平均11%値上げ インスタントコーヒー

http://wur.la/tCk3aa

ネスレ日本は31日、家庭用のインスタントコーヒーを3月1日から平均11%値上げすると発表した。原料のコーヒー豆が高騰しているためで、値上げは2008年1月以来となる。

 家庭用インスタントコーヒーの値上げ幅は、コーヒー豆のブレンド比率に応じて4〜14%。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

コーヒー豆が高騰しています

4年ぶりの値上げということです。国際相場は13年ぶりの高値。何やら嫌な雰囲気です。数年前まではコーヒー価格が暴落し、長期低迷していて生産者は大変でした。

-----
19:13 47news (47NEWS)
UCCがコーヒー値上げ 家庭用20%、原料高騰で

http://wur.la/sQk6cL

UCC上島珈琲は25日、家庭用のレギュラーコーヒーの出荷価格を3月10日に値上げすると発表した。原料価格の高騰を受けた措置で、店頭価格は実質で平均20%上昇する見込み。 

主力製品の「ゴールドスペシャル」の粉タイプでは、内容量を450グラムから400グラムに減らした上で価格を約50円引き上げるほか、専門店などが販売するひき売りコーヒーも値上げする。業務用コーヒーは20〜25%値上げする。

 コーヒー豆の相場価格は、中国などの新興国で需要が高まっていることに加え、原産国の南米で天候不順が続いたこともあり高騰、昨年末には前年比1・7倍まで上昇した。UCCは「これまでは企業努力で吸収してきたが、その範囲を超えてしまった」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

珈琲問屋》今年の金の豆「スマトラタイガー ピーベリー」

珈琲問屋》今年の金の豆「スマトラタイガー ピーベリー」
 今日、浦和の珈琲問屋に今週事務所で飲むコーヒー豆を買いに行ってきました。待っている間にバタークロワッサンとコーヒーをいただきました。

 そういえば今週コーヒーのポットサービスをお願いしてあります。コンサート(バロックリコーダーとチェンバロ)をやるのです。

 配達はしてくれないのですが、とにかく安いのです。ポットレンタル10杯で750円。2本お願いしてあります。ランチタイムコンサートなので当日の朝車で取りにいきます。

 初めての利用なので、終わってから感想など書いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

サッポロ珈琲館北円山店が再開

スポット:in札幌 サッポロ珈琲館北円山店 /北海道 - 毎日jp(毎日新聞)

マンションが建ち並ぶ都会の中で、そこだけぽっかりと昭和か大正時代に引き戻されたような錯覚を覚える古民家の喫茶店がある。「サッポロ珈琲(コーヒー)館北円山店」は、昨年11月に火災により休業していたが、12月4日から営業を再開。ファンを喜ばせている。      この建物は、北大教授だった八鍬(やくわ)功さんが1931年に新築した自宅。その後も、モダンなたたずまいゆえに取り壊されることなく再利用され、95年に建物の魅力に引かれた同館が北円山店としてオープンした。

珈房 サッポロ珈琲館

Kitamaruyama

札幌市中央区北6西20 電話011・615・7277 午前9時~午後11時(日曜祝日は~10時)。無休

【食べログ】
サッポロ珈琲館 北円山店 サッポロコーヒーカン - 西28丁目/喫茶店 [食べログ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

富山のセントベリーコーヒーのこだわり

世界中で探し続ける最高の味…富山 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「世界一おいしいコーヒーを飲んでみたい」。小型の焙煎機を購入し、出勤前の早朝に豆を繰り返し焙煎しては、理想のコーヒーに近付く火力や温度管理を徹底的に検証した。味の細かな違いを感じるため、コーヒーを舌全体に行き渡らせて味や香りを確かめる「カッピング」も独学で習得した。     

念願だった初のコーヒー店「セントベリーコーヒー」を富山市清水元町にオープンしたのは30歳の時。だが、自ら海外の生産地で調達した上質なコーヒー豆に限定したスタイルは当時あまり知られていなかったため、理解されず、渡航費もかさみ、収支を合わせて店を維持するのが精いっぱい。「米の甘さの微妙な違いに気がつく富山の人々が、コーヒーの味の違いに気がつかないはずはない」。婦人会や町内会でコーヒー教室を開くようになり、じわじわと評判が広がった。

セントベリーコーヒー

お店のサイト 富山に行った際にはたずねてみたいですね。

2011年1月30日まで富山近代美術館のラウンジでセントベリーのコーヒーが楽しめるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

米スタバがロゴマーク変更、その意図と反響

Starblogo

米スターバックスがロゴ変更、ファンからは非難の声が噴出 | Reuters

シュルツ最高経営責任者(CEO)はロゴ変更の理由について、「これまでもこれからもコーヒーの会社であり続けるが、スターバックスの名前でコーヒー以外の商品も展開していく可能性がある」とインターネット上で説明した。

スターバックスとコーヒーの文字が消えています。要するにコーヒー以外の新事業を展開するために文字を外したということのようですが、スタバファンには不評ということです。ハワード・シュルツ氏がどこまでコーヒーを愛しているかが問われているのかもしれません。

日本では政治家の資産が公開されました。民主党の松田公太議員の資産が多いということがニュースになっていました。タリーズを伊藤園に売却した時のお金だと思われます。

松田議員が資産トップ、じゅん子議員0円 - 政治ニュース : nikkansports.com

彼は『すべては一杯のコーヒーから』という本の中でどれだけコーヒーを愛し、そのコーヒーのためにタリーズコーヒーをアメリカから日本にもってきたというようなことを書いているのですが、そのコーヒーへのこだわりを捨てたかの如くあっさりとタリーズを離れました。

すべては一杯のコーヒーから

すべては一杯のコーヒーから

価格:500円(税込、送料別)

ちょうどこのスタバのニュースと元タリーズ・ジャパンの創業者・」松田氏の資産のことがニュースになっていましたので、そのことを少し思い出しました。

【参考】

タリーズコーヒーインターナショナル 松田公太 会長 に聞く【前編】 「会社の看板に頼らず、自分の力で勝負する」|高城幸司が聞く「社長直伝 仕事の極意」|ダイヤモンド・オンライン

タリーズコーヒーインターナショナル 松田公太 会長 に聞く【後編】 「逆境の時こそ、強くなれるチャンス」|高城幸司が聞く「社長直伝 仕事の極意」|ダイヤモンド・オンライン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もコーヒー三昧の日々になりそうです。

コーヒー価格上がってるのかな、そんな記事を見かけた気がします。

調べてみなくては。

今年のテーマも決めたいと思っています。

いいネタで書き続けたいので、テーマをいくつか決めたいのです。

一つはコミュニケーション空間としてのカフェ、学びの場としてのカフェについてです。一昨年秋、ワールドカフェという本に出会い、大学の学生を巻き込んで数回開催してきました。少し形になって来て面白くなっているのですが、学生たちには残念ながら「コーヒー」への関心はあまりありません。

私の関心は対話に果たすコーヒーの役割りだったりするのですが、これを美味しいコーヒーをサーブしながら考えてみたいと思います。

テーブルクロスの上、あるいはコースター、ナプキンの上で新しいビジネスが生まれた話はよく聞きます。

これをやれる雰囲気を大学のカフェに作りたいのです。

そこから学生が起業していく雰囲気。

それがまず最初の今年のテーマ。

次にコーヒー関係の本のソーシャルなライブラリーを作ろうと思っています。

素材集も作りたいなあ、コーヒー関係ならこのサイトにくればたいていの素材は揃うというようなサイト。

これまでコーヒーをテーマにアフィリエイトとかやってきましたが、単価が安いので割が合いません。でも好きこそものの上手なれというように、そこそこには売り上げています。

それも追求。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »