« コーヒーカップでアート | トップページ | 土曜日の朝 »

2010年6月 9日 (水)

スティングがオーケストラをバックに「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」

子供に戻ったスティング オーケストラと共演  - SankeiBiz(サンケイビズ)

ちょうど「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」の合奏を終えたところで「I don’t drink coffee I take tea my dear(コーヒーは飲まない、紅茶が好きなんだ)」と歌詞を口ずさみ、マグカップを手に取る。ジャズ風のこの一曲も弦楽器によって生まれ変わるのだ。7月13、14日に予定されるメトロポリタン歌劇場での公演でも喝采(かっさい)を受けるだろう。

スティングはイギリス生まれ、だからコーヒーじゃなく紅茶?

それはどうでもいいですが、最近はイギリスの古い歌曲マドリガルを歌ったり、オーケストラをバックに歌ったり、だんだんとダイナミックかつ古典回帰という感じですね。



|

« コーヒーカップでアート | トップページ | 土曜日の朝 »

コーヒーと音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/35165014

この記事へのトラックバック一覧です: スティングがオーケストラをバックに「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」:

« コーヒーカップでアート | トップページ | 土曜日の朝 »