« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

コーヒーハンターってどんな人がわかる記事

Bloomberg/世界駆け巡り「最高の味」を追う - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE

米ボストン郊外のコーヒー焙煎(ばいせん)店テロワール・コーヒー。コーヒーハンターのジョージ・ハウエル氏(64)は丸いスプーンから音を立てて液体をすすっていた。エルサルバドルの小規模農場6カ所から取り寄せたサンプルが次々にカップに注がれる。3番目の液体を飲んだとき、「これだ」と言うようにうなずいた。「ピーカンナッツとみつろうの味がする」

コーヒーの味を表現する言葉を身につけたいと思っているのですが、この「ピーカンナッツと蜜蝋の味」という表現いいですね。コーヒーハンターの仕事がわかる記事をみつけました。

年に1度、9カ国で開催されるコーヒー品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」は、ハウエル氏が共同設立者となり1999年に始まった。NPO(民間非営利団体)が主催するこの品評会は、品質を重視する買い手と小規模農園を結び付ける場となっている。農家は、一流の審査員らが銘柄を隠して審査する各国の品評会に最高の豆を出品する。上位に選ばれた豆は、オンラインオークションで焙煎業者らから高値を付けられ、激しい入札競争に付される


これですね。最近よくネットの焙煎屋さんでみかける○○農園というやつです。

続きを読む "コーヒーハンターってどんな人がわかる記事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

【動画(Flash)】「UCC BLACK無糖」キャンペーン

 

 

また缶コーヒーの季節。

ロングセラー定番商品のUCCブラック無糖が早くもキャンペーンを始めました。

また寒い冬の朝お世話になると思います。

今年はUSB缶コーヒーウォーマーで温めておいてコートのポケットに入れてカイロがわりに持ち歩こうと思っています。

経済防衛策です、せこい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

ドイコーヒー「ガテマラ・オリフラマー農園」を試す

ネットでは有名なドイコーヒーです。

ここで一番に売れているコーヒー豆はガテマラ・オリフラマー農園の豆。

ガテマラ オリフラマー農園

サイト内の人気ランキング一位の豆で、焙煎士・土居博司さんが直接買い付けをした豆のようです。

マーク・ペンダーグラストが書いた『コーヒーの歴史』にも紹介されているコーヒー園の豆です。

コーヒーの歴史 - 未来への便り アドバンス

甘味のあるコーヒーです。フルシティーがおススメ。秋に合いますよ。

コーヒーの歴史
コーヒーの歴史
posted with amazlet at 09.10.06
マーク ペンダーグラスト
河出書房新社
売り上げランキング: 276121
おすすめ度の平均: 4.5
5 読んで字の如くまさに「コーヒーの歴史」
4 後半のアメリカのコーヒーのマーケティングの歴史が面白い
5 現在につながるコーヒーの歴史
5 近代南北アメリカ中心に書かれたコーヒーの世界史
4 カフェ好きな人に是非

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »