« ハンモックそれにマンデリン | トップページ | 投稿実験 metagateway »

2009年9月 6日 (日)

シャンペンボトルに入ったコーヒー豆(川島良彰のテイスティングプラン)

iconicon Grand Cru Cafe ハーフボトル icon

シャンペンのボトルに入ったコーヒー豆。
100gの焙煎豆が入っています。
価格 :¥5,775(税込)と高いです。200g入って10500円というのもあります。

企画したのはコーヒーハンターの川島 良彰さん(エル・サルバドル国立コーヒー研究所で栽培から加工技術まで学び、その後世界各国で農園開発・種の保存/復活を手掛けた日本で唯一のコーヒー栽培技師です。)

このブログでもUCCの幻のコーヒー豆で取り上げています。

農園の指定、区画の指定、摘み取り日の指定、天日干しをはじめとする昔ながらの精製方法による商品開発から、品質保持の為の輸入による輸送、世界で初めてといわれるコーヒーセラーによる保管管理とこだわっています。

豆は川島さんが「最高の畑」に認定した農園はグアテマラ、エル・サルバドル、パナマ、コロンビアの4カ国6農園のもの。

豆のご紹介カード、おいしいコーヒーの淹れ方に関するブローシャー、ドリップペーパーと、開栓後のキャップがセットでついてきます。

敬老の日のプレゼントによさそうですね。

iconicon

All About スタイルストア

AllAboutスタイルショップで見つけました。

|

« ハンモックそれにマンデリン | トップページ | 投稿実験 metagateway »

コーヒー豆へのこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/31257235

この記事へのトラックバック一覧です: シャンペンボトルに入ったコーヒー豆(川島良彰のテイスティングプラン):

« ハンモックそれにマンデリン | トップページ | 投稿実験 metagateway »