« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月20日 (水)

キーコーヒーが初摘みのトアルココラジャ豆を予約販売

産業/限定「初摘み珈琲」予約受け付け キーコーヒー - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE

キーコーヒーは、上品な酸味とコクのある味わいが特徴のコーヒー豆「初摘み珈琲 トアルコトラジャ2009」(8400円、200グラム×3パック)の予約受け付けを31日から全国の直営店などで始める。期間は7月27日まで。5000セット限定。世界最高レベルのコーヒーと名高い「トアルコトラジャ」の中でも、今年最も早く収穫された初摘み豆を使用した。

初摘みってお茶みたいですね。初物に弱い日本人。いったいいつ収穫したのでしょうね。
あとでサイトにいって調べてみます。まずはニュースだけ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

パイプラインボーダーというコナコーヒー入りビール

パイプラインボーダーというコナコーヒー入りビール
パイプラインボーダーというコナコーヒー入りビール
パイプラインボーダーというコナコーヒー入りビール
珈琲問屋で先日パイプラインボーダーというハワイのビールを買いました。一本355mlで420円。半ダースのパッケージがカッコよかったのですが、いきなりビールに2520円も出す気もありませんでしたので、まず一本購入。原材料が麦芽とホップとなっていることを見ても分かるようにビールですが、コーヒーエキスが入ることでアルコール種別は発泡酒になるようです。アルコール度数は4.3%。

味、風味については後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

オアシス珈琲キリマンジャロセット到着

オアシス珈琲キリマンジャロセット到着
オアシス珈琲キリマンジャロセット到着
オアシス珈琲キリマンジャロセット到着
オアシス珈琲キリマンジャロセット到着
ナチュラル製法(果肉と生豆に分けるのに水に漬けますがその日数を短くしたもの)で精製されたキリマンジャロコーヒーのグリーンビーンズをさらに特許の技術で短時間水できれいにしたあとに焙煎したというオアシス珈琲のキリマンジャロコーヒーセットが届きました。(一杯どりのドリップと豆のセットで1600円)

早速、事務所の仲間にドリップパックを配った後に淹れてみました。

雑味がなくとてもまろやかです。これは絶品ですね。

ウチに帰ってペーパーフィルター用に挽いてもらった豆でじっくりと落としてさらに感想を書いてみます。

製法についてとても丁寧なリーフレットが同封してありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

オアシス珈琲の石川社長からのメール返信

昨日記事を書いたオアシス珈琲に早速メールで注文を入れてみました。ブログにも書いたように少し製法が出来なかったのでブログのURLも添えて。

コーヒーパラダイス: キリマンジャロのナチュラル製法豆っておいしそうです!

すると丁寧な返信を社長の
石川高信さんからいただきました。

以下がいただいたメールの内容です。


きれいなコーヒー
オアシス珈琲有限会社
820-0070
福岡県飯塚市堀池133-9
TEL0948-26-1555
FAX0948-24-5269


なかなか理解しがたい製法ですので、説明いたします。
 
オアシスでは輸入されたすべての豆を洗浄しています。
ご存知のように、産地の製法で水洗式と非水洗式があります。
洗浄の始まりは、毎日の作業で麻袋から出る(お米に例えますと米ぬかのような)埃が大量に出ます。
非水洗式は特に多く、水洗式も出ます。
どちらも、チャフは付いています。
産地では、水洗式は水で選別し発酵槽に浸け込み乾燥させます。
水洗式ですので洗浄されていると考えられますが洗浄では有りません。
オアシスでは全ての豆を、汚れにあわせて短時間で洗浄しています。30秒から160秒と短く洗浄しています。
洗う利点として、焼き上がりがきれいですし冷めても濁りません。
アイスコーヒーですとシロップを入れますと苦味と甘味が別々に感じられさわやかなクリアーなアイスコーヒーが出来上がりました。
洗浄効果が一番発揮された珈琲です。
グアテマラナチュラルも珍しい豆で、特別に果肉のまま水で選別せずに天日乾燥させています。
キリマンジャロと共に日本には、輸入されてないと思います。
大手のスペシャルティー珈琲は水洗式ですので20時間から40時間と長い時間、100%水に漬け込みます。
発酵槽であっても成分が出、抜けた味になります。
オアシスではコーヒーエキスを発売する予定です。
今まで味わった事が無い濃厚なカフェオレが簡単に作れるエキスです。
 
今後もナチュラル珈琲を探し輸入しようと考えています。
当社の洗浄技術が大いに発揮される素材だからです。
なかなか理解が難しい製法です。
今後も、宜しくお願い致します。

到着するのが楽しみです。
またレポートします。

続きを読む "オアシス珈琲の石川社長からのメール返信"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

キリマンジャロのナチュラル製法豆っておいしそうです!

毎日起業家新聞:情報クリップ コーヒー豆を自然乾燥--オアシス珈琲 - 毎日jp(毎日新聞)

福岡県飯塚市のオアシス珈琲(石川高信社長)は、タンザニアのコーヒー豆を「自然乾燥させ、豆本来のフルーティーで甘みのある味わいが楽しめる」という「キリマンジャロ ナチュラル製法」を販売している。
     石川社長は「ナチュラル製法」について「生豆を水で洗浄しますが、漬け込み時間は60秒から150秒と短く、成分が抜けない」と説明する。一般的な水洗式は「生豆を水選別し、果肉を取り発酵槽で長時間漬け込み乾燥させるため、うまみが減少してしまう」といい、「ナチュラル製法のキリマンジャロは珍しい」とPRする。     地元での店頭販売の他に全国の郵便局において、6月30日まで期間限定で「キリマンジャロセット」(価格は1600円)をカタログ販売する。
 問い合わせ先は電話0948・26・1555。

飲んでみたいなあ。

サイトが見つかりました。

「特許技術でコーヒー豆を洗浄!」** きれいなコーヒー ** 福岡県飯塚市のオアシス珈琲

ただこのサイトを見るとわけがわからなくなることがあります。

というのはオアシス珈琲自体でも焙煎する前に洗浄しているようで、それが有名なお店のようです。その技術で特許もとっています。

でも記事にある水洗式とはコーヒーチェリー(まだ果肉のついた状態)から果肉を取り除くための工程のことと思われます。それをナチュラル製法とはそれを短時間にして自然乾燥させたもののようです。

記事を素直に読めば混乱はないと思いますが、サイトまで探してしまったために頭の中が大混乱。

珈琲飲んですっきりとさせます。

注文してみます。





| | コメント (0) | トラックバック (1)

サントリー「ボス シルキーブラック」のCM

吉川晃司、ムッシュかまやつ、板尾創路、スチャダラパーら豪華キャストの新「ボス」CMが完成

5月5日発売のサントリーの缶コーヒー「ボス シルキーブラック」の新CM発表会が4月30日、都内で行われ、同CMに出演する「シルキーブラック オーケストラ」から吉川晃司、ムッシュかまやつ、仲本工事、マギー司郎、板尾創路、スチャダラパーら13名が出席した。

「ボス シルキーブラック」は口当たりなめらかで優しい味わいが特徴。このイメージを表現したというCMでは、吉川らが扮(ふん)する18名のユニークなオーケストラ団員たちが、不器用でも自分のパートを全うしようとする姿を描き、見る人を元気づける作品になった。

ネットではサントリーの公式サイトでみられます。

Silky Black Orchestra 特設ch

出演者のページがあって楽しいサイトです。


60秒のロングバージョンがもうすぐ公開されるようです。

誰がどこに出ているのか、見つけるだけでも楽しいCMです。

本当に演奏会を開いてほしいですね。サントリーホールもあるわけですし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

白樺の樹液で入れたコーヒー 岩手のNPO

シラカバの樹液使ったコーヒー 岩手で季節限定 - 47NEWS(よんななニュース)

岩手県葛巻町にある特定非営利活動法人(NPO法人)岩手子ども環境研究所が運営する「森と風のがっこう」では、併設の「カフェ森風」でシラカバから採った樹液を使ってコーヒーを入れ、ゴールデンウイークに訪れる一般客に提供している。     4月、シラカバは芽吹きの季節に備えて大地の水を吸い上げる。カフェでは近くの林で幹に穴を開け、その水を毎日8リットルほど木から分けてもらう。見た目は透明でさらさらしているが、飲むとほんのり甘みがある。採れる時期は4月中旬から5月初めまで。シラカバの成長に問題はないという。

共同通信が配信したのでいろいろな新聞に出ていました。きっとすぐに完売したでしょうね。

それにしてもシラカバの樹液で入れたコーヒー。飲んでみたいです。

コーヒー豆は何を使ったかも気になりますね。

シラカバは春に大量に水を吸い上げるようですね。どこかで読んだ記憶があります。

それなら南のほうの芭蕉の仲間に水を多く含んだ植物がありますよね。尾瀬の水バショウではないですよ。

なんといったかなあ。

バショウ科の植物でバナナなどの仲間。

あれでコーヒーを入れるとどうなのでしょう。

カフェ森風のサイト ↓

森と風のがっこう/Cafe′森風    

☆実は「森と風のがっこう」というのもいいなあと思っています。

森と風のがっこう/トップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタバ神話にかげりという記事 <J-CAST>

「スタバ」神話に陰り 既存店売上高マイナス続き(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

コーヒーチェーン「スターバックス」が不況のあおりを受けて苦戦ぎみだ。既存店の売上高をみると、2009年3月は対前年同月比2.2%減、2月2.3%減、1月6.9%減、08年12月5.0%減とマイナス続き。「少々高くても行く価値がある」というお客に支えられて最近まで成長を続けてきたが、ここにきて「スタバ」神話に陰りが出てきた。

5月5日のJ-CASTにあった記事。 J-CASTの記事はあまり信頼性が高いとはいえないものもあり、基本的には読まないのですが、この記事は結構よく書いてあったので、リンクしておきます。

とはいえスタバに関しては今さらという内容です。
最近のマーケティングの数字がよくまとまっていますので、参考になるでしょう。

私はそれでもスタバが大好きです。

Starb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »