« 「COFFEE FESTIVAL 2008」開催 | トップページ | 空、雲、風 »

2008年11月17日 (月)

「究極の自家焙煎術」本の紹介


【内容紹介】

焙煎機の構造特性や気象条件に仕上がりの状態が左右されることも多く、プロでも品質を安定させるのが難しいコーヒーの焙煎。

これまでは経験則や感覚で語られることが多かった焙煎技術を、軽井沢珈琲倶楽部カワンルマー焙煎マイスターの小野善造が、さまざまな測定データを提示しながら、客観的な視点で一連の焙煎工程を解説します。

ダンパー操作によって起こるドラム内の風量や風速の変化、バーナーで豆に加えられるカロリーの違い、経過時間などの収集されたデータの生かし方は、さまざまな焙煎機にも応用可能です。

本が届いたら感想を書きます。

 

|

« 「COFFEE FESTIVAL 2008」開催 | トップページ | 空、雲、風 »

コーヒーの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/25423695

この記事へのトラックバック一覧です: 「究極の自家焙煎術」本の紹介:

« 「COFFEE FESTIVAL 2008」開催 | トップページ | 空、雲、風 »