« デザインはいいのだが | トップページ | 気象予報士によるコナコーヒーの紹介記事 »

2008年8月23日 (土)

インスタントコーヒーの包装の簡素化は環境への配慮という流れらしい

【コーヒー革命?】ネスカフェの“ビンに当てて押すだけで詰め替え”は楽しい!?:日経トレンディnet 2008年08月21日

 ネスレ日本は、ビンの口にあてて押すだけで詰め替えができるインスタントコーヒーのカートリッジ「ネスカフェ チャージ(CHARGE)」を9月1日に発売する。希望小売価格は「ネスカフェ エクセラ」の120g入りが642円などとなっている。

キーコーヒー、「フリーズドライ インスタントコーヒー スペシャルブレンド 詰め替え用 80g」を発売

キーコーヒーは、「フリーズドライ インスタントコーヒー スペシャルブレンド 詰め替え用 80g」を9月1日から発売する。

環境への関心の高まりから、包装容器を簡素化した商品や詰め替えタイプの商品の人気が高まっている。インスタントコーヒーでも、詰め替えタイプの商品が伸張しているという。

ネスカフェのニュースを読んだだけではわかりませんでしたが、詰め替え用が伸びているのは「環境への配慮」ということらしいですね。

なるほど。

■関連情報

|

« デザインはいいのだが | トップページ | 気象予報士によるコナコーヒーの紹介記事 »

コーヒーつながり」カテゴリの記事

コメント

詰め替え、使ってみました。あれって本当に画期的でしょうか?あれなら、まだ、ドリンクゼリーのチューブタイプ(出口を大きくする)みたいな方が全然よいと思います(残ったら、キャップがしっかりできる)。なぜなら、最後に来るときれいにスッキリ入りにくいannoy使い終わったら、紙とプラの分別がとてもしにくいannoy紙を剥がし易くするとかする。・・・・といいと思います。

投稿: ぷぷ | 2008年11月30日 (日) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/23187126

この記事へのトラックバック一覧です: インスタントコーヒーの包装の簡素化は環境への配慮という流れらしい:

« デザインはいいのだが | トップページ | 気象予報士によるコナコーヒーの紹介記事 »