« 渋谷で沖縄と電話会議 | トップページ | コーヒータイムジャズ »

2008年6月10日 (火)

アメリカスターバックスのモバイル戦略

            【コラム】シリコンバレー101 (273) 米スターバックス、無料ホットスポットに乗り出した理由と勝算 | ネット | マイコミジャーナル

Starbucksが北米で1日1セッション、2時間までの無料Wi-Fiアクセスサービスを開始した。"無料"の効果は相当なもののようで、サービスイン直後に、同サービスに必要なStarbucks Rewardsプログラムへの登録に申し込み者が殺到し、しばらく同ページにアクセスできなくなった。Starbucksの予測をはるかに上回る需要を生み出しているようだ。

アメリカの話だがモバイラーにはうれしいニュース。実は有料でのサービスはすでにあった。T-Mobileのサービス。

これまでStarbucksをサポートしてきたT-Mobileの機嫌を損ねるリスクも大きい。それを上回るメリットを無料ホットスポット提供から得られるという勝算がStarbucksにはあった。利用客からのアイデアや意見を集めるソーシャルネットワークサービス「My Starbucks Idea」だ。そこで無料ドリンクと無料ホットスポットは、常にアイディア投票の上位にランクされてきた。提供すれば、間違いなくユーザーに受け入れられるという見通しがあったのだ。

Starbucksの場合、3月にMy Starbucks Ideaを開始して、6月には無料のドリンクとホットスポットを実現した。この迅速な対応が大きなポイントである。

マクドナルドの攻勢に会い、スターバックスが必死になっていると見えなくもないが、私は基本的には応援のスタンスでいく。

|

« 渋谷で沖縄と電話会議 | トップページ | コーヒータイムジャズ »

コーヒーチェーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/21548742

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカスターバックスのモバイル戦略:

» コーヒー [カツ丼人生放浪日記]
今日も仕事が終わり自宅にてコツコツ副業をしている中、アイスコーヒーを冷蔵庫から取り出そうとしましたがきれていました(笑)・・・・・ [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 00時16分

« 渋谷で沖縄と電話会議 | トップページ | コーヒータイムジャズ »