« スタバがiTune販売を縮小?-アメリカ | トップページ | アメリカスタバ600店舗を閉鎖 »

2008年6月28日 (土)

ブルボン ポワントゥとレユニオン島ツアー

JTB GMT、幻のコーヒー「ブルボン ポワントゥ」収穫体験ツアー - 日経トレンディネット

JTBグローバルマーケティング&トラベル(本社:東京都品川区)は2008年7月1日、体験ツアー「コーヒーハンター Jose川島と行く 幻のコーヒー ブルボン ポワントゥ収穫&クレオール文化体験8日間の旅」を発売する。募集人数は20人。旅行期間は10月20~27日で、料金は49万9000円(大人1人・航空機エコノミークラス利用・ホテル2人1室利用)。

絶滅したと思われていた「ブルボン ポワントゥ」を訪ねて、インド洋マダガスカル島東800kmにあるフランス海外県レユニオン島を旅する。ブルボン ポワントゥを復活させた立役者で、日本サスティナブルコーヒー協会代表の川島良彰さんが同行。自らコーヒー農園を案内する。現地では、自然環境や現地の人 々の生活改善を目指す「サスティナブル(持続可能な)コーヒー」作りに触れ、コーヒー収穫体験やフランス植民地ならではのクレオール料理、クレオール文化 も体験する。

 ブルボン ポワントゥは、レユニオン島で300年前に生まれた在来種。カフェインが通常の半分しかなく甘い香りで、フランス国王ルイ15世が愛したといわれる。絶滅 したと思われていたが、川島さんが探し当て、地元生産者と昨年、65年ぶりに生産・出荷した。ツアー参加者には2009年出荷のブルボン ポワントゥ100gがプレゼントされる。

という記事を見つけた。噴火はおさまったのだろうか。

|

« スタバがiTune販売を縮小?-アメリカ | トップページ | アメリカスタバ600店舗を閉鎖 »

コーヒーつながり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/21938169

この記事へのトラックバック一覧です: ブルボン ポワントゥとレユニオン島ツアー:

« スタバがiTune販売を縮小?-アメリカ | トップページ | アメリカスタバ600店舗を閉鎖 »