« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

Cafeのeに'を入れたい

ちょっと変わったCAFEネタ。

Caféと書きたいときどうします?

今まで無視してきました。意味が通じればいいし、と。

でもやっぱり気になるので、ちょっぴり他のサイトで技を盗んできました。
HTMLで記述するのですが、ブログサービスにはたいていhtmlで編集するというのがついているので、そちらを使えばできます。

&#233(半角)と書くとéになります。

面倒くさいけど、どうしてもこだわりたいときには使いたいのでどこかにメモしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

スターバックスコンサート

Re:28日の日記
今日赤羽のスターバックスでジャズコンサートですよ。

いろいろスターバックスには辛口なこといってるけど、やっぱり好きなんだよね。

だからMacのコーヒーが人気で一位なんてアンケートをみると裏を疑りたくなる。実は見抜いているんだけどそれは今度しっかり書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

日曜日、ウォーキングそしてレビューについて

日曜日、ウォーキングそしてレビューについて
愛用のタニタのデジタル万歩計。ちゃんと一万歩歩きましたよ。

明日もがんばろう。
ウォーキングの友にモダンジャズを小さなmp3プレーヤーに入れて聴いていたのだが、忙しくて音源をmp3に落とせていない。30分聴きながら歩くと一枚一枚かなり聴き込むことが出来るし、もっと聴いていたくて長く歩くことにもなり、それについて書いていけば、このブログで今年テーマ(課題)としているレビューということも少し出来るのだが、ipod touchに変えようと買ったまでは良かったが、意外に重い、使い方もジェスチャーがよくわからない。コレじゃいかんね。
歩いた後のコーヒーは格別。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

オープンキャンパス

オープンキャンパス
オープンキャンパス
オープンキャンパス
予報では朝から雨、今年はどうもイベントが湿り気味。火曜日の高校の先生を呼んだ大学説明会も雨だったし。不吉な一年の幕開けか。


と思って朝起きると快晴ではないが晴れている。この分ならイベントが終わる午後3時まで持ちそう。

朝、出かけにもらった函館美鈴のコスタリカ豆をちゃんて挽いてペーパーフィルター(メリタ派である)で丁寧に淹れて手作りのコーヒーカップで飲む。褐色の血液を全身に巡らせていざ出陣。

実は大学説明会もイベントが始まる午後には晴れたのだ。

今年も気合い!なんかやれそうな気がして来た。来場者も昨年より多ったのだ。やったねと現金なものだ。

帰りに車でスタバに寄りコーヒーを一杯。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

サイエンスカフェというのに行ってきました

サイエンスカフェというのに行ってきました
サイエンスカフェというのに行ってきました
サイエンスカフェというのに行ってきました
土曜日の午後神田神保町へ。本屋(三省堂書店)で月に一度開かれるサイエンスカフェに参加するため。珈琲を飲みながら科学の話を聞いて、その後講師とおしゃべり。難しい話をスライドを交えてわかりやすく紹介してもらえるので苦手なサイエンスも身近に感じられる。
今日のテーマは雪の結晶。なぜ六角形なのかについて明治大学の長島和茂先生にレクチャーしていただいた。湿度と温度によって結晶の形が違うらしい。その研究は有名な中谷宇一郎先生によって既に研究されているのだが、その形成のメカニズムは単純なものではないらしい。熱力学と流体力学、なにやら複雑系のあたりの関係する話らしかった。印象的だったのは我々が雪の結晶として知っている綺麗な六本の枝が伸びさらにそこから二次枝が伸びた形の雪の結晶というのはめったに見れないということ。今はない雪印のマークのような綺麗に揃った雪は珍しいという話が何か真実とはそういうものだという感じでうれしかった。学校ではどうして物事をすごく単純にそしてそれ以外に疑いようもない真理のように教えるのだろうと常々感じているのでそれを聞いた時何か痛快な気持ちになった。
熱を奪いあってまるで陣取り合戦(大戦略ゲーム)のように枝を伸ばしていく雪の結晶がすごく身近に感じられる話であったし、それをあたかも生き物を愛おしむように話す科学者の姿は不思議な可愛らしさがあった。

久しぶりに知的な午後が過ごせた。

 帰りは神保町の裏通りにある「さぼうる」でコーヒーをもう一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

マックとスタバの争いは今やマーケティングのいい材料ですね

どうするスタバ!マック「買いたいコーヒー」二冠! :: INSIGHT NOW!
http://www.insightnow.jp/article/1327

オリコンのグルメランキングによれば、マクドナルドのアイスコーヒーがホットコーヒーを対象とした調査に引き続き第一位を獲得した。

オリコンの調査 ( http://gourmet-cdn.oricon.co.jp/special/20080508_01.html ) は<20~30代の男女お気に入りの1杯を探すべく1280名の男女にブラインドテストを実施>ということ。 テイクアウトが可能なマクドナルド ドトール モスバーガー ミスタードーナツ、 スターバックスの5社が対象だ。その結果、味の面では香り・苦み・酸味・後味などの各項目で評価が分かれ、拮抗という結果になったが、 マクドナルドは100円という価格面での強みから断然トップを獲得している。 この傾向はホットコーヒーの調査でも同様であった。

 

こんな記事を見つけました。アイスコーヒーでもマックが有利。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月13日 (火)

ゴルゴ13缶ーネスカフェ「匠」

電車の中吊り広告にビッグコミックとネスカフェのゴルゴ13のコラボレーション広告がでている。
私的はゴルゴ13は「匠」ではない。あくまでもカタカナの「プロフェッショナル」。違うのだ。

Takumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

ボス シルキーブラック

Bosssilkyblack

山手線のドア横のフレーム広告にでていた。ブラックのビジネスクラスということらしい。


プレスリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

六甲に洞窟カフェがオープン

「洞穴カフェ」人気 自然いっぱい、味は格別 六甲山

六甲山の岩場「ロックガーデン」の登山口にあたる芦屋市の高座の滝の近くでこの春、土日・ 休日限定の「洞穴カフェ」がオープンした。戦前、山の斜面を掘って作られたという洞穴を利用した造りで、夏は涼しく冬は暖かい。 川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら味わう本格的なコーヒーやワインは格別といい、ハイカーたちの人気を集めている。

店の名前は「六甲山カフェ」。阪急芦屋川駅から、 高座の滝への案内表示をたよりに北へ30分ほど歩いた場所にある。


珈琲がおいしくいただけそうだ。いってみたくなる記事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンドナンドに行きました

御茶ノ水の大人のミスド・アンドナンド(andonand)に行って見ました。デザインがまさに北欧デザインのカフェで気に入りました。ドーナッツも美味しいかな。神田神保町だから大人というより、学生が多かったけど。


Hpim0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

be juicy! スタバでマーケ その4

be juicy! スタバでマーケ その4
スタバのジャズの選曲がおかしいということからスタバの異変に気がつき、それ以来ニュースなどを追いかけているのだがそんな折、気になる広告を見つけた。

電車のドア横のステッカー広告にbe juicy!というマンゴーオレンジジュースの広告が出ていたのだ。スターバックスにいるからねというものだが、確かスターバックスは広告には費用をかけない、その分店に来た人に素晴らしいスターバックス体験をしてもらおうという方針であると本で読んだように思うのだがどうしちゃったねだろうと思って友だちに話したらカゴメの製品だという。だから広告もカゴメだとね。

よく見ると確かにカゴメ株式会社と書いてある。

http://www.be-juicy.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェコロラドがまだあった

コーヒーコロラドがまだあった
埼京線板橋駅前でコロラドを見つけた。このブログでコロラドはなくなったと書いたばかりだったのに。私の勘違いでドトールのグループとして頑張っていました。フランチャイズ形態で1973年に焙煎会社であったドトールコーヒーが始めたようです。もちろん今のドトールの形態の以前にスタートしています。ドトール一号店は1980年に原宿でスタート。

ごめんさない。cafe COLORADO。

とはいえドトールの決算資料などを見ると何かカフェ・コロラドの扱いが冷たい。古いフランチャイズなので、個々の店舗の個性が強くなっているのだろう。ちょっと興味がある話題ではある。

 

Dotor01

クリックすると大きく表示されます。

2008年2月期 中間期 決算説明会資料 Contents

 


リンクはこちらです。

cafeCOLORADO

<追記>下はドトールについての面白い学生懸賞論文です。

急がば読め!!!

http://blog.nikkeibp.co.jp/nb/academic/university/pdf/ryutsu1_ryustu_mukouyama8.pdf

Dotor02

クリックすると大きくなります。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

予備校主催の入試結果報告会に行く

予備校主催の入試結果報告会に行く
駿台予備校主催の入試結果報告会に昨日出てきた。御茶ノ水駿河台上にある会場の前にスタバがあったので始まる前にコーヒーを一杯。

それでもだいぶ眠かった。新しいことが聞けなかったのである。入試が二極化しており、下の方から受験生にとっては入りやすい大学が増えているということ。上位の方の極は受験生が増加しているということ。

何か視点が違うと感じたが、まだ整理がうまくできない。日本の大学全体一つのスパイラルに入っている感じなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 8日 (木)

キンラン

キンラン
昨日、大学内の雑木林にキンランが咲いているというので撮りに行ってきた。埼玉県には自生地が多かったらしいが開発で次々に消えている。大学のものは一昨年開発現場から地元の人たちが移植したもの。株は小さいが見事に根付いて群生している。ギンランも何株かあった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

スタバでマーケティング その4

UCC上島珈琲が珈琲館の株式を取得し子会社化した件について記事を書こうと思いつつ、書く環境を整えることに夢中で、記事を書くことをさぼっていた。

珈琲館株式会社の株式取得に関する基本合意について | ニュースリリース | UCC上島珈琲 - コーヒーから生まれる笑顔のために。

珈琲館については、少し気になっていた。郊外型のモデル店がさいたま市大宮区櫛引にあるので時々利用していた。明るくておいしい珈琲を飲ませてくれるが熟年層に人気という感じで客の回転率という点で?だった。

UCC上島珈琲は上島珈琲店の名称でかなりコーヒーShopに力を入れている感じ。近くでは浦和駅前のパルコの地下に店がある。もちろんスタバも出店しているが、高級感は上島珈琲店が上。値段も。浦和は結構おばさま連中が多く、伊勢丹、パルコの上客のはず。

地域で見たときにスタバと上島珈琲店は利用層が違うだろう。

さらに私くらいの年齢(50台)になると昔の日本の珈琲専門店の珈琲の味にこだわりがある。アメリカでは泥水のような出がらしコーヒーにスターバックスが深煎りのイタリアンスタイルのスペシャリティコーヒーで旋風を起こしたのだろうが、日本には昔からおいしいコーヒーの文化があったのだ。喫茶店文化が。そこで青春時代を過ごした我々は、スタバもいいが、まったりとした喫茶店も捨てがたい。

はじめに150円のドトールの衝撃、そしてスタバがやってきた。珈琲館はそれとともに衰退。コロラドとかはもうない。

ポエム珈琲というのもあった。ここにはこだわりがあるので、いずれまた、なぜか浦和にはポエム珈琲があるのだ。

さあ、これからどうなるだろう。スタバも苦境に立つのかな。


UCCは日本の珈琲界のボスなのだろう。ちょうど丸善や紀伊国屋書店がamazonにみすみす市場を奪われたのに似ているが、さてUCCの逆襲はいかに。

前門にマクドナルド、後門にUCCというところでしょうか。

続きを読む "スタバでマーケティング その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

コーヒーを飲みながら投稿環境を整える

私はブログを複数持っている。日記からはじめたブログの中でテーマがはっきりしたものから独立させていったらそうなった。 コーヒー関係は「コーヒーパラダイス」、アフィリエイト関係は「アフィリ初心者のブログ」、JAZZは「ほんとはジャズが好き!」 という具合。仕事関係でも二つを運営している。

そのためにfeedpathRabbitというRSSリーダーのオンラインサービス(WEBアプリ)を使っていた。 ところが4月でサービスが終わってしまった。RSSの個人向けサービスは採算がとれないというので撤退したのだ。 そこにあったブログエディタ機能がよくできていたのでかなり使っていた。 あて先を変えるだけでいくつものブログに同じフォーマットで投稿できたのだ。書く環境を整える(統一する)という意味でもとてもよかった。 それぞれのブログサービスの使い方を覚えなくても済んだのである。

よくブログを作るのにテーマを絞って作れと本には書いてあるが、私はとりあえず、日記から初めてみるということでいいと考えている。 この方が日本人には合っている。ドキュメントの考え方が欧米とは違うのである。 整然とした秩序よりも混沌とした中から秩序を作るというのが国民性のような気がしている。このあたりのことも「楽しい手帳術」と 「手帳大好き」というブログに独立させて考察している。

カテゴリではじめてブログに独立させるという方法なのだが、そうなるとマルチポストが必要になる。 同じ記事をテーマごとに複数のブログに投稿する機能だ。(アフィリエイトのためにいくつものブログを自動的に作り、 同じ記事を投稿するという意味でのマルチポストではないのだが、このあたりが微妙ではある。)

API(XML-RPC機能) による記事投稿は実はブログペットが流行した一昨年の冬に各ブログサービスが積極的に公開したことで加速した。ユーザーが 「ブログパーツとして貼りたい、できないなら他のブログサービスに移行する」要求を出したためにどこも急いで対応したようだ。

そういうわけで外部から記事を書ける他のサービスを探している。できればfeedpathRabbitのようにWEBアプリがいいが、 どうも見つからない。googleあたりから出そうな感じだが…。 WEBアプリがよいのは、パソコンにインストールしなくてもすむので、 外にいてもインターネットにつながったパソコンさえあれば記事を投稿できるからだ。

いまのところジャストシステムのxfyBlogEditorが候補なのだが、インストールしなければいけない。 それにブログサービスごと独立した仕様でマルチポストが面倒という意味で使えない。

昨日DTIブログというブログサービスを見ていたらubicastというのが目に入った。 ubicastはまだWEB2.0とかAPIとか騒がれるはるか前からAPIを使ったブログライター機能を開発してきたところで、 私もその昔、使っていた。でも対応するブログサービスが一向に増えないのでやめてしまったのだが、その後、あまり名前を聞かなかったので、 早すぎたのかなと思っていた。API(XML-RPC)の公開が進まなかったのだ。

いまでもやっていて、さらにメールによる投稿もできるようになっていた。 いまや携帯メールからの投稿はどこでもできるが、 PCメールから投稿ができるのである。

それで今この記事はubicast Bloggerで書いている。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »