« サンマルクカフェ 浦和 | トップページ | ネスカフェ匠(たくみ)ブラック »

2008年2月 4日 (月)

Roots aroma Black classicの謎


缶の形が筒型ではなくロケットの噴射口のようになっているJTのROOTSは今回の缶コーヒーブラックの収集の対象から外したのだが毒入り餃子事件でJTフーズが話題になったこともあり、取り上げることにした。
他社との違いをみるために缶の裏側に書いてある製法などの簡単な説明を読むようにしているのだが、ROOTSで新たな発見があった。
キーコーヒーと共同開発したと書いてあるのだ。ちょっと驚きだった。JTといえばタバコの葉を世界から輸入しているはずで当然コーヒー豆に関しても直接生産者から買い付けているイメージがあるがキーコーヒーを介しているのだろうか。単に製法の技術的なことではないようにおもえるのだ。
先日武蔵浦和のスリーエフ(コンビニ)で発見した愛知県安城市のフジコーポレーションという会社の「100%ブルーマウンテン」にも「100%キーコーヒー豆使用」と書いてあったが、何かキーコーヒーのことを調べればわかることがあるかもしれない。

-------------
さて、ご当地ブラックコーヒーの情報もいただいております。収集しようと思っていますが、取り寄せに送料がかかるので思案中です。
  generated by feedpath Rabbit

|

« サンマルクカフェ 浦和 | トップページ | ネスカフェ匠(たくみ)ブラック »

コーヒーつながり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/10247869

この記事へのトラックバック一覧です: Roots aroma Black classicの謎:

» PCを起動すれば楽しめる 『USB Aromatherapy Oil Burner』 [INTERESTIC NEWS]
これ見る人の中にはPCでの作業をされる方もいると思いますが、 やっぱりPCに向かっていると、ストレスが溜まるものです。.... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 23時24分

« サンマルクカフェ 浦和 | トップページ | ネスカフェ匠(たくみ)ブラック »