« 缶コーヒーのことなら「缶コーヒーマニア」 | トップページ | 本の紹介『珈琲事典』 »

2008年2月 7日 (木)

缶コーヒー ジョージアエメラルドマウンテン

本日はジョージアのエメラルドマウンテンを取り上げる。アメーバブログのクチコミ番付のお題でもあるのだ。なんとタイムリーと小躍りしてしまった。しかもきれいな画像をばっちり載せられる。一応こちらでは画像ははずしました。提供された画像が見たい方は元の記事にどうぞ。

蛙の目 缶コーヒーにはまりました -そろそろ最終章

と書いてもなんのことやらの人がほとんどだから、そもそもの話から。

缶コーヒーのことを追いかけているこの冬。
きっかけはほんとに些細なことだった。

駅のホームで携帯でメールを打とうと思ったがあまりに指先が冷たかったので、暖めるために缶コーヒーを買ったのだ。

そして缶を眺めるうちに、その奥深さにはまったのだ。図書館で『缶コーヒー職人』という本に出会ったのも大きかった。

缶コーヒーに命をかけている人たちがいることを知ったし、缶コーヒーのおいしさを追求していく過程で、コーヒー焙煎や抽出における膨大なデータが集まっているはずだ。お金と時間をかけた研究開発の中に普通のコーヒーを美味しくいただくためのノウハウがつまっているはずだという確信がもてたのだ。

私自身、ニックネームにブラックコーヒーを名乗っているし、実際にコーヒーに特化したブログも運営している。

コーヒーパラダイス

毎日一本ずつ紹介してしてきたが、次々に新しい缶コーヒーと出会った。一日1本にしているが、実はたいてい2,3本新しいブラック缶コーヒーと出会っている。

そしてついに昨日、究極のサイトを見つけてしまった。いや、あるとは思っていたし、缶ジュースのサイトはだいぶ昔からあるのも知っていたので、驚きはしなかったが、すごい。57メーカーの150種ほどの缶コーヒーを紹介したサイトを発見したのだ!

缶コーヒーマニア

このあたりで今年の缶コーヒー探索も一段落かなと思い始めた矢先にクチコミ番付からの提案があったのだ。

さて前振りがだいぶ長くなったが、そうした中で豆にこだわった缶コーヒーがある。ジョージアのエメラルドマウンテンだ。エメラルドマウンテンはコロンビアコーヒーの中でも良質の豆のことである。コロンビアコーヒーについては前にだいぶ調べたことがある。

以下の記事が参考になる。

コロンビアコーヒーのファン・バルデスのロゴが変わる -発見の日々
フアン・バルデス-コロンビアのコーヒー事情 -発見の日々

缶コーヒーの中でも豆、焙煎、そして抽出方法とこだわり方はいろいろなのだが、ジョージアのエメラルドマウンテンはずばり、

以下のサイトでちょっとコーヒーについての豆知識を見てみるとよいかもしれない。flashムービーでエメラルドコーヒーの魅力を知ることができるし、飲みたくなること間違いなし。そして美しい写真も心を癒してくれる。お勧めサイトだ。

新・ジョージア
エメラルドマウンテンブレンド
 

最後に持論をひとつ。

コーヒーは味、香り、のど越し、後味で楽しむが、もうひとつの楽しみ方が、知識で楽しむということなのだ。ただ飲んでいてもつまらない。うんと知的好奇心をコーヒーによって刺激されて、コーヒーの知の世界も楽しもう。

以上クチコミネタでした。明日からももちろんコーヒーについては追いかけていきます。
  generated by feedpath Rabbit

|

« 缶コーヒーのことなら「缶コーヒーマニア」 | トップページ | 本の紹介『珈琲事典』 »

コーヒーつながり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/10318671

この記事へのトラックバック一覧です: 缶コーヒー ジョージアエメラルドマウンテン:

« 缶コーヒーのことなら「缶コーヒーマニア」 | トップページ | 本の紹介『珈琲事典』 »