« 歌詞にコーヒーが出てくる歌 | トップページ | ドトール17年ぶりに値上げ »

2008年1月23日 (水)

「コーヒー1日2杯、流産の危険2倍」という記事について

 

 【ワシントン21日共同】1日に2杯以上コーヒーを飲む妊婦は飲まない人と比べ、流産の危険が2倍になる―。そんな調査結果が21日、米国最大の会員制健康医療団体「カイザー・パーマネント」(カリフォルニア州オークランド)の研究チームによって明らかになった。

 米産婦人科ジャーナルに掲載された論文によると、研究チームは1996年10月から98年10月にかけ、同州サンフランシスコの1063人の妊婦を調査。

 その結果、1日にコーヒー2杯分に相当する200ミリグラムのカフェインを摂取した妊婦はカフェインを取らない妊婦と比べ、流産する割合が2倍に高まった。

 コーヒーだけでなく紅茶などを通じ、カフェインを摂取した妊婦も流産の危険が高かったことから、研究チームはカフェインが原因物質と結論付けた。

 カフェイン摂取は胎盤の血流減少などを引き起こし、これらが胎児に悪影響を与える可能性があるという。

こういうマイナス情報はなかなかでないのですが、日経新聞夕刊(2008/01/22)に出ていました。コーヒー業界の健康キャンペーンについては、前に取り上げたことがあるのであとでリンクしておきます。

妊婦さんにはノンカフェインをすすめましょう。先日行った珈琲問屋には妊婦さんにはノンカフェインがありますというポスターがはってありました。タイムリー。

Noncafe

  generated by feedpath Rabbit

|

« 歌詞にコーヒーが出てくる歌 | トップページ | ドトール17年ぶりに値上げ »

コーヒーの健康学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/10024993

この記事へのトラックバック一覧です: 「コーヒー1日2杯、流産の危険2倍」という記事について:

« 歌詞にコーヒーが出てくる歌 | トップページ | ドトール17年ぶりに値上げ »