« サントリーボス はまったかも | トップページ | 缶コーヒー ジョージア エンブレムブラック »

2008年1月29日 (火)

必ず出現する亜流



 何か収集を始めて必ず出会う関門が亜流をどうするかということである。缶コーヒー無糖ネタで画像収集を始めて早速出会ったのがまずダイドードリンコの樽型の缶。これは形が気に入らないのであっさりパス出来た。

 ところが今日ホームの自販機で見かけたのがJTのルーツ・アロマ・クラシック・ブラック。なぜか容器の下の方が絞られているのだ。しかしRootsといえばブラビがCM出演していたしなんとなくJTと聞くとだけに白衣を来た女性研究者がコーヒーのことを研究していそうである。すっかりJTのマーケティング戦略に毒されているわけだ。

 そういうわけで自販機ごしにケータイで採集しておくだけにとどめた。折角だからおなじ方法でダイドードリンコの樽型も採集しておこう。
亜流といえば缶コーヒーではなく金属ボトルコーヒーというのもある。エスプレッソ風の小さな金属ボトル入りで飲み口がねじキャップ式なのである。缶コーヒーではなくボトルコーヒーと呼ぶことにする。
ただこれは捨てがたいデザインの良さがあり、収集対象に加えた。
  generated by feedpath Rabbit

|

« サントリーボス はまったかも | トップページ | 缶コーヒー ジョージア エンブレムブラック »

コーヒーの雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/10155008

この記事へのトラックバック一覧です: 必ず出現する亜流:

« サントリーボス はまったかも | トップページ | 缶コーヒー ジョージア エンブレムブラック »