« 自己紹介をひとつ | トップページ | UCC上島珈琲でみるおいしいコーヒーの淹れ方(動画) »

2007年11月13日 (火)

食楽 12月号「週末、我が家でバリスタになる」

「食楽」12月号で「コーヒー&エスプレッソ 週末、我が家でバリスタになる 豆選び、焙煎法、淹れ方、マシンの使い方まで完全網羅」という特集をやっている。

まあコーヒー通の人にはよく知ったお店の紹介が多いのだが、ただ一つ私の目を引いた記事があった。

「自家焙煎に挑戦する」という企画で珈琲サイフォン(株)の指導のページ。コーノ式ドリッパーの会社であるが、そこの社長の河野雅信さんが初心者、中級者、超初心者に合わせて焙煎法を紹介している。

ところがである、その方法がユニーク。初心者はなんと100円ショップで買った柄つきのザルを二つ使って卓上コンロで焙煎。長初心者はゆきひら鍋で。なのだが、中級者が驚く、いや感動した。

フルーツ缶詰の空き缶の底に穴をあけ、長い鉄の棒(多分ねじを切った棒)を通し、底を二つのナットで締めて固定。缶の内側にL字のアルミの板を4枚を缶の中に固定して羽根にする。それを斜めにしてまわしながら焙煎する。(説明が下手で申し訳ない、後でスキャンしてアップするので、それまで待ってください)

とにかく手回し式の手作り焙煎器なのだ。

これには感動した。

<追記>



  generated by feedpath Rabbit

|

« 自己紹介をひとつ | トップページ | UCC上島珈琲でみるおいしいコーヒーの淹れ方(動画) »

おいしいコーヒーのために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493407/8903847

この記事へのトラックバック一覧です: 食楽 12月号「週末、我が家でバリスタになる」:

« 自己紹介をひとつ | トップページ | UCC上島珈琲でみるおいしいコーヒーの淹れ方(動画) »