« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月 1日 (月)

10月1日はコーヒーの日

FujiSankei Business i. 総合/豆高騰で体力勝負 きょう「コーヒーの日」 秋冬商戦火ぶた

コーヒー豆の取引が新しい年度になる10月1日は日本ではコーヒーの日となっている。このブログでも毎年全日本コーヒー協会のキャンペーンを取り上げてきた。が、どうも昨年あたりから元気がない。

今年はなんとインスタントコーヒーの詰め合わせ。えっ!という感じだ。インスタントコーヒーなの?協会自体の政策が変わりつつあるのかな。

<追記>
あまりの驚きにサイトをよく見るとキャンペーンは全日本コーヒー協会のサイトだがプレゼント(インスタントコーヒー)の提供者は全日本インスタントコーヒー協会になっている。
生産者にとってはコーヒー豆の高騰は歓迎だが、意外に中間の大手焙煎業者の利益になり、生産者は相変わらずコーヒー危機(コーヒークライシス)なのではないかと心配するが、最近、その辺りのことは調べていない。

間違いなくアメリカがICO(国際コーヒー機構)に再加盟してからコーヒー価格は変動した。コーヒー豆が少し高くなったのはコーヒー生産国のことを考えても、品質のことを考えてもいいことだ。(ただし、きちっと生産者に還元されればの話)スペシャリティコーヒーの需要が高まっていることも生産者の品質向上意欲にかなう。おいしいコーヒーを作れば高値で売れるからだ。

そういう意味でのスターバックスの貢献は大きいし、スタバは社会還元事業も積極的に行っている。環境活動家やフェアトレード関係者からは評判が悪くすぐにやり玉にあがるのはスタバだが…。そのあたりがマーケティング戦略としてそれを行っているタリーズとはやはり違っている。これは前の記事を受けて書いているのだが、私にはそう見えるということで書いた。実際は違っているかもしれないし、スタバの買い付けの方がすさまじいのかもしれない。

<追記2>
全日本インスタントコーヒー協会提供でこんなブログもできていることを発見!これはこれでいいとしよう。

発見!オイシイコーヒー生活;「コーヒーブログ

coffeeblog.jpg


私のコーヒーへのこだわり記事:コーヒープロジェクト

<追記3>10/1にオープンしたMSN産経ニュースで早速記事を拾ってみた。

キーコーヒー、「コーヒーの日」で作り方を実演 - MSN産経ニュース
  generated by feedpath Rabbit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »